ガシャポンブログ

ガシャポンワールド

最新の記事

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

押上NEWS!突然ですが、3月で最終回を迎えます・・・(商品紹介もあります)

こんにちは。開発担当のK澤です。

 

昨年キャンディ事業部での食玩担当からガシャポンの担当になって、本社駒形からスカイツリータワー(TSE)という、『THEオフィス!』な所での新生活が始まってもうすぐ1年がたとうとしております。

 

景色良好、広々としたオフィス。異動してきたばかりの私はこの環境で少なくとも4~5年くらいは楽しく働くのだろうなって。

 

 

・・・そう思っていました。

 

 

この押上からブログを通して皆さんに商品情報をお届けし続けるのだろうな、と。

 

 

まさかこんな展開を迎えるなんて思いもしませんでした・・・・。

 

 

そうなんです。

 

 

 

私、来月で押上を出ることになったんです・・・。

 

 

 

・・・・おお!?

 

 

 

ジかい!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回に続く。

 

 

と、気になる(?)スタートですが、いつもの商品の紹介に移りたいと思います。

 

 


 

 

前回「全方位攻撃が得意な機体」を紹介すると予告していたのですが、ついに「クスィーガンダム」が完成したので彩色画像を大公開!

 

 

・・・別に全方位攻撃そんなに得意でもないですかね?「クェスのようにはいかないが」って言ってましたしね。

 

 

それにしても、これは・・・贅沢ですね!

 

 

 

 

そして、4月発売のモビルスーツアンサンブル第2弾の彩色テスト品が届きましたのでご紹介します。

 

 


 

 

 

まだ微調整が必要な個所は有りますが、大分仕上がってきております。嵌合も良好。1弾と同じ遊びやすさといえましょう。

 

 

 


 

オーライザーとの合体もこの通り。嵌合にストレスの無い、程よい渋みで調整に成功しています。

 


 

 

 

バンシィも良い感じに調整が進んでおります。黒いガンダムって・・・ずるいですね。どう見てもカッコいい!

 

 


 

 

ポージングも決まる!

 

 

 


 

 

でもやっぱりこの人の出来がぴか一!シンプルなだけに間違いが無いですね。この光を反射する美しいクリアパーツ・・・・。

 

 


 

 

連邦の伝説のモビルスーツが最後に取ったというポージングも決まる!

 

 

さすが連邦のモビルスーツ!

 

 

青かったという噂もあるけど、きっとこの機体でしょう。

 

 

 

 

間もなく最終調整が終わる予定です。こちら、1弾に劣らぬ・・・いや、1弾以上の仕上がりになると思いますので、是非4月はアンサンブルをガシャガシャと回していただけますと幸いです。

 

WEB販売も一時準備数が切れてしまったようですが復活しております。

 

※準備数に達し次第受注終了となります。ご了承ください。

 

 

 

そして、3/1より東京駅キャラクターストリートにオープンする「TOKYO GASHAPON STREET」にてガシャポンガンダムのコーナー展開を行います!

 

 



 

URLはコチラ(http://gashapon.jp/tokyo-gashapon-street/

 

 

本日その設営に行ってきたのですが

 

 


 

 

ガンダムの展示はこんな感じになっております。

 

クシャトリヤの原型展示に、ガシャポン戦士f02、モビルスーツアンサンブルショットサンプルの展示など

 

 

初出しの展示物も多数展開!

 

 


 


 

「MOBILE SUIT ENSEMBLE」「ガシャポン戦士f」「EXCEED MODEL ZAKU HEAD」といった、この冬大反響をいただきながら立ち上がった3シリーズを一挙展示しております。

ガシャポン戦士f02を飾っていて感じたのですが、2弾まで飾るとコレクション感が一気に出てきますね!

 

 

ガシャポン戦士f02は3月下旬発売に向けて全力調整中です。

 

 

 

冬に立ち上がったガンダム3シリーズですが、大好評をいただきほとんどの店頭で品切れ状態となってしまっており、大変恐縮なのですが

(※次弾以降の生産数量への反映など、より手に入れやすい環境整備を行うべく調整を進めております。)

 

 

そんな中・・・

 

 

「MOBILE SUIT ENSEMBLE01」が若干数ですが販売されるそうです!

先日、発売直後に売り場から姿を消してしまった大人気アイテム「EXCEED MODEL ZAKU HEAD」も販売されるとか・・・!

 

 

 

これは行くしかないですね!

 

 

 

※準備数がなくなり次第販売終了となります。ご了承をお願いいたします。

 

 

©創通・サンライズ

投稿日:2017.2.28
▲TOPに戻る

ついに発売!ザクヘッドのこだわりポイントを紹介します

こんにちは。開発担当のトナリ(仮)です。

 

ついに発売となった「エクシードモデル ザクヘッド」ですが。このディスプレイが目印!見かけたらぜひチェックしてくださいね。

%e3%82%b6%e3%82%af%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%ac%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%9d%e3%83%b3%e8%87%aa%e8%b2%a9%e6%a9%9f%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8
 

ザクヘッドの紹介記事その2では、細部にわたって盛りこまれた、さまざまなこだわりポイントを紹介します!「球体!?」という初見のインパクトだけでなく、組み立てた後にもじっくり楽しめるアイテムになっていますよ。

%e3%82%b7%e3%82%a7%e3%83%ab%ef%bc%93%e5%80%8b
ゴロゴロゴロ…と球のままでも楽しい商品ですが、「球状態の際にも、いかに格好良く見せるか?」をテーマにデザインされています。

外装部分にもジオン軍エンブレムと型式番号や機械的なモールドを刻印しました。全体的に落ち着いたマットな質感にしつつも、刻印部分が目立つような加工を施して、高級感を演出しています。

%e5%81%b4%e9%a0%ad%e9%83%a8%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0
本体は成型色による再現ですが、間延びせずに程よい密度感になるよう、細かなモールドや意匠を各所に散りばめています。左側頭部には機体ごとにそれぞれ異なるマーキングを施しました。

 

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%83%b3%e3%82%ae%e3%83%9f%e3%83%83%e3%82%af
頭部ハッチとパイプ基部はオープンギミックが盛り込まれています。頭部ハッチ可動部にはクリックが仕込まれており、「カチッ」と開いた状態で固定することができますよ。
%e5%86%85%e9%83%a8%e6%a7%8b%e9%80%a0
内部パーツの一部にはメタリックグレーの塗装を施しています。細かい造形と相まって、メカニカルな魅力を楽しめる部分です。

 

%e3%83%a2%e3%83%8e%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%83%ab
モノアイは、デザインが印刷されたシールの上にクリアパーツを貼り付けることで、奥行きのある質感を表現しました。さらに、外周にはホットスタンプにより金属的な質感をプラスしています。可動により表情付けもできるので、モノアイ回りの情報量はかなり多くなっていますね。

 

そんなこだわり満載のザクヘッド、他のガンダム系ガシャポンアイテムと一緒に飾っても楽しいですよ!

%e3%82%ac%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%a0%e3%82%b0%e3%83%83%e3%82%ba%e3%81%a8%e4%b8%80%e7%b7%92%e3%81%ab
 

それでは!

投稿日:2017.2.17
▲TOPに戻る

驚愕のザクヘッド、現る!

はじめまして。企画担当のトナリ(仮)と申します。

 

本日は、発売直前!2月中旬発売予定の新商品

「EXCEED MODEL ZAKU HEAD(エクシードモデル ザクヘッド)」を紹介します!

 

この商品でまず特徴的なのは、なんと言っても自販機搬出時の形状!!

ガシャポン自販機に100円玉を5枚入れて回すと…。

 

ゴロンッ!!

%e6%90%ac%e5%87%ba%e6%99%82
 

搬出口から「緑色の玉」が出てきました!?

なんと、通常のカプセル商品と違って、「カプセルそのものが存在しない」商品形態なのです!!

 

ビニール包装を取るとこんな感じです。
%e3%82%ab%e3%83%97%e3%82%bb%e3%83%ab%e6%af%94%e8%bc%83
ガシャポンカプセル各種と並べてみました。この状態でもすでに圧倒的な存在感を放っています。

 

 

%e7%b5%84%e7%ab%8b%ef%bc%91
球状態から商品保護用のシェル(殻)を取り外すと、ぎっしりとパーツが詰まっています。

ミニブックがパーツの隙間に挟まっているという、なかなか見たことのない封入状態!?

 

中身のパーツをすべて取りだすとこんな感じです。%e7%b5%84%e7%ab%8b%ef%bc%92
保護用のシェルは右端の3パーツのみ。

外殻を構成する部分の一部は、台座や頭頂部パーツとして組み立てに使用します。

 

さて、さっそく組み立ててみましょう!!

 

 

%e7%b5%84%e7%ab%8b%ef%bc%93
まずは本体の前後にあるパーツをグイーンと引き出して、

 

%e7%b5%84%e7%ab%8b%ef%bc%94
 

モノアイユニットや頭頂部のハッチをパチパチッと組みつけて、

 

%e7%b5%84%e7%ab%8b%ef%bc%95
 

パイプを連結し、最後に台座にセットして完成です。

(組立の詳細はこちらでも画像付きで掲載中ですので、

ぜひご覧ください。http://gashapon.jp/gundam/assembly/

 

 

 

%e5%ae%8c%e6%88%90
ドーン!とこんな感じで組みあがります。

ザクの細部のメカニック感を楽しみながら、あっという間に完成です!!

 

 

 

%e5%ae%8c%e6%88%90%e5%93%81%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%82%ba
一般的なガシャポンカプセルと、100円玉とのサイズ比較です。

シェル構造のアイデアにより、パーツを隙間なくみっちり詰め込み、組み立てた際にガシャポン商品の枠を超えたサイズ感を実現できました!

(パイプパーツを入れるスペースをどう捻出するかなど、設計が本当に大変でした)

 

なお、本日2月10日から「ヨドバシAkiba」6階のショーケースに商品サンプルが展示されています。

実物をその目で見るチャンス!ぜひチェックしてみてください。

 

といったところで、本日の紹介はここまで。

 

オマケ

 

3%e5%80%8b%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91 3%e5%80%8b%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92
球状態で勢ぞろい。シャア小隊と黒い三連星。このまま飾るのも良いかも?

 

©創通・サンライズ

投稿日:2017.2.10
▲TOPに戻る