ガシャポンブログ

ガシャポンワールド

最新の記事

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

駒形情報局(仮)~ヘビーガン~

こんにちは、開発担当のK澤です。

 

本日は、C3の展示には登場しない予定のアンサンブル8弾デコマスを少しだけ紹介します。

(テストサンプルがもし間に合えば展示の予定です)

 


 

ヘビーガン、色がつきました!

原型画像アップからここは大分経っていますが、結構難しい調整が入ったためなかなか皆様にお見せできるまでに時間がかかってしまいました。

 

8弾はパーツ点数が多すぎる&仕様が高すぎて、どうやっても生産(金型)の都合上F91と成形色を同じにする以外この弾を成立させる手段がないという哀しみを背負ってしまいました。・・・が、それはどうしても嫌だったため色味をヘビーガン単独で別の色にするための調整をしておりました。

 

なんとか調整がついた・・・というか、調整ついてないけどとにかくこれでやると決めただけな感じではありますがやっぱりヘビーガンは少し色味替えたいですよね。

これなら皆様にも満足いただける品になると信じております。

 


 

武器セットを使えばこの通り。全く違う見栄えに・・・!

 

 

この弾がサービス弾であるゆえんは

 


 

この通り、背面のバズーカまで入れ込んであるんです

 

さらに他の機体の武器まで入っているという・・・今回の武器セットは贅沢ですよ。

 

・・・もちろん

 


 

バグだって入っているのだぜ。大体1パーツ構成になりがちなバグですが、まさかの2パーツ構成。これは組み換え遊びがはかどりますね!

 


 

こんな感じで、いつもより成形材いっぱい使ってる感(あまり伝わらない・・・?)MAXな感じです。

 

黒塗り部分はまだ見せられない秘密のパーツです。

 

 

そして、通常弾は9弾が進行しております。10弾まであと少し・・・!10弾まで続くといっぱしのシリーズになった感でますよね。

ガシャポン戦士も同じくですが、走れるところまでまだまだ止まるつもりはないので、C3での続報発表を是非お楽しみに!

 

 

前回、前々回とやっぱり即座に答えを出されてしまったイラストパズルで今回もお別れです。

ちなみに前回の問題は結構間違った答えも多かったのですが、答えはきっとC3でわかるはず・・・!

 


コメント機能、こういう問題出したときに皆さんの回答を見れて楽しいですね。

また、コメントたくさんいただきありがとうございます。個別の回答はできませんが、すべて目を通させていただいております。

 

海外からも多くの応援や要望のコメントをいただいており、参考にさせていただいております。

 

商品アンケートも後々にも残る資料となりますので、是非ご回答いただけますと幸いです。

 

ここまででC3までに見せられる情報をほぼほぼ見せてしまったので、本当に次回から少し薄味になりますが

8月に向けて鋭意準備中ですので、何卒よろしくお願いいたします。

 

(C)創通・サンライズ

投稿日:2018.7.30 コメントをする
▲TOPに戻る

AQUA SHOOTERS!開発話③ ~~牛歩で~

こんにちは。開発担当のK澤です。

 

AQUA SHOOTERS!情報を8月のC3まで継続して公開したいと思うのですが

結構シンプルな商品なので、1か所だけ大きく遊べる部分を除いてここがウリです!というのも多くないので、ゆっくり少しずつ紹介できればなと。

 

今回は、前回に引き続き初期のデザインなどをご覧いただこうかと思います。

 

企画を考える際に企画書というものを作成するのですが、既存のキャラクターでもない完全オリジナルのアイテムを作るために予算をかけることなど当然できるわけもなく、最初はパワーポイントでちくちくとこんな商品でこんな仕様で・・・・というところから始まりました。

 

ベンダー事業部は圧倒的に企画担当にゆだねられる部分が大きく、ほぼすべての組み立てができるため(逆に言うすべてをやらなければいけないのですが・・・)、仕様や中身はさくさくと決まっていきました。

 

試作を作らないとどうにもわからない商品なので、企画書やらイラストを外注に出す余力は一切なくすべて手描きとパワポで・・・。

 


 

1番最初に描いたこのラフ(ぼかしをいれてます)からモノの試作へ。

最初はもっとスリムな体形で頭が大きく、顔はかわいらしい系の顔でした。

 


 

ここから可動試作のこの状態に持っていくまでに何回か調整を繰り返し。

 


 

もっと厳密な指示書とかもあるのですが社外にあまり出せないものも混じってたりするので、パワポの部分だけちらり。このころはまだ肩に丸ジョイントが入っていたり、肘・膝もアンサンブルの3㎜軸無しのものを細くしただけみたいな関節でした。

 


 


 

ここで、いろいろな可動ができることを確認し、一旦社内会議に出すべく、試算を叩きつつ簡単な企画書を作成します。

 


 

一部黒塗りですがこんな感じの仕様説明等々が入ったものが10枚程度。イメージが伝わりやすいように、ありものの目のデータをさくっと貼り付けたりも。

 


 

当初は髪の毛のを統一して、髪形の変更も思うがまま!とする予定だったので、結構いろいろ遊べる仕様でした。

最終的に単色だと地味すぎるというので色を変えましたが・・・・。

 

・・・で

 


 

ほぼ商品化が決まって、絵を発注してもよいかな!くらいのタイミングでちゃんとした絵を依頼し、企画書も少しバージョンアップ。以前の、絵を起こしてから原型作って~という基本の流れを汲んでいないのはこの辺にあります。

 

当初はこの絵柄になるなんて想像もしていませんでした(笑)

 

このあたりのお話はまた追々・・・。

 

 

さて、今日ご紹介した中で初期設定では髪形を変えられる仕様だったことをお伝えしたのですが、仕様的に変えたのは「色」だけなので付け替えのギミックはそのまま残っております。

 

・・・つまり

 


この子と

 


この子があれば

 


 


組み替えることはできます。

 

他にも

 



こんな感じでイメージを変えることができます。

 

 

・・・まあ、製品は色が違うのでちぐはぐになってしまうんですけどね。

 

 

でも・・・!色を塗れば解決可能&売れたら髪の毛統一カラーバージョンを出したり、カスタマイズに振った商品展開もできますね。

 

シリーズが続けば拡張性がどんどん広がる・・・・そんな商品として設計されております。

 

まだ発売までは少し時間がありますが、続報お楽しみに!

 

(C)BANDAI

投稿日:2018.7.25 コメントをする
▲TOPに戻る

駒形情報局(仮)~こいつは出来が良すぎる~

・・・と、自画自賛してます。

 

こんにちは。開発担当のK澤です。

今日はこちらの機体をすこしだけご紹介!

 

 


 

「ガンダムF91」です。なかなかいい感じではないでしょうか。

こだわりポイントは胸の青い部分。ボンネット的なイメージなので、あえて少し立てた感じの造形にしつつ、顎の上下の動きに干渉しないように機能的な部分もばっちりなイケてる胸元を演出しております。

 


マスク回りもイケメン。

 


 

空を飛んでもイケメン。

 


 

ヴェスバー伸ばすと超イケメン。

 

 

これは今年の冬が楽しみになりますね!

 

 

アンサンブル8弾は12月発売予定です。ラインナップは「F91」「ヘビーガン」「MS武器セット」・・・・あと2つは・・・・?

 

8弾は仕様上げまくりのスペシャル弾です。ガシャポン戦士f06と同じくサービス弾として提供させていただく予定です。(仕様が高すぎて量産に少し時間をいただくため、12月に発売を設定させていただいております。)

 

来月発表予定のあのアレと合わせて自信の逸品です。

 

 

早く皆様にお届けしたいですね!

 

 

ここから直近商品の宣伝です。

 


 

ガシャポン戦士f06 絶賛発売中! そろそろ店頭から完売し始めてくれるとよい感じですが果たして・・・?

 


 

ガシャポン戦士f1.5弾近日発売!・・・ていうか今週?)

1弾を手に入れられなかった方、途中からガシャポン戦士fを集め始めたという方にも是非お買い求めいただきたい商品です。

 



ガシャポン戦士EX05も好評受注中!受注ページはコチラ(http://p-bandai.jp/item/item-1000127060/

小さいサイズなのが相まって、宝物感が本当に半端ない超自信の逸品なので、是非ともご予約いただきたいです!

 

カプセル2商品&EX05を是非!店頭で回しまくってください&PB予約をお願いいたします。

 



 

ガシャポン戦士EX05はMS ENSEMBLE EX08とのおまとめ購入が可能となってますので、こちらも是非!(http://p-bandai.jp/item/item-1000127055/

 

 

「MOBILE SUIT ENSEMBLE07」「ガシャポン戦士f1.5」「ガシャポン戦士f07」は、なんと7/21~ダイバーシティで展開される

 

ガンダムビルドダイバーズフェスティバル2018』にて展示を行います。

 


 

ガシャポン戦士f07の成形品サンプルはこちらの展示が初お披露目!実はストライクにビームサーベルまでついてしまうという超豪華っぷりがついに明らかに・・・!そして、サタンガンダムの圧倒的クオリティを是非感じていただきたい・・・!その流れでEX05を予約していただきたい・・・!

 

長谷川指導員の「ザクヘッド」と「ガシャプラSD」も展示されております。

 

ガンダムビルドダイバーズフェスティバル2018是非ご来場ください!

 

 

 

 

 

そろそろの来期(来年3月以降)のガシャポン戦士&アンサンブルのラインナップを考えなければいけない(仮組み)時期になってきたのですが、来期はどういう感じにラインナップを組みましょうか・・・。

 

驚きと感動のある商品展開ができるといいなあ。

 

 

 

前回絶対解けないパズルを出したら、10分くらいでコメント欄に答えを書き込まれて戦慄したので

 

今度こそ絶対に解けない(と信じたい)パズルでお別れです。

 

 


これは無理でしょう!

 

 

続報をお楽しみに!

 

 

(C)創通・サンライズ

投稿日:2018.7.20 コメントをする
▲TOPに戻る

AQUA SHOOTERS!開発話② ~いきなりハードモード~

こんにちは、開発担当のK澤です。

 

今回はAQUA SHOOTERS!の続報をすこしだけ。

といっても、もうすでに金型が進行中で手元に原型しか残っていないのであまり公開できる情報も多くはないのですが・・・。

 

今回は可動をすこしだけ。


 

最終原型では頭の長さをすこし削って縮めているので、少し違うのですがこちらがほぼ最終状態です。

商品案内フィギュアから、商品形態へ。可動フィギュア+水鉄砲(ハンドガン)がセットになっています。

 

頭身バランスは最初に私が試作スタート時に描いたラフスケッチで起こされているので、ビジュアルよりもすこしデフォルメがかかっています。(可動に耐えうる強度保持のためのバランスも踏まえつつ)

 

 


1番最初の試作はこんな感じ。可動か所は同じものの、関節の解釈が全く異なるものになっています。

 

この時は全高55㎜くらい。肘と膝を外すと3㎜の勘合穴が出てきてですね・・・と、なんでも3㎜にしがちな私らしい仕様だったのですが、強度保持に問題が多く、全体的な構造の見直しが入り、現在の形に落ち着きました。2周りくらいでかくなってます。

 

この時点では関節はすべてランナーから組み立てる形式の、既視感あふれる仕様だったのですが、強度問題の解決と、サイズアップの際にそれに合わせて仕様が変わっております。

 


 

可動か所は全身14か所。超絶可動!!!とまではいかないものの、基本的なポーズ遊びができる十分な可動を実現しています。

 


 


 

簡単なポージングから

 

 


 

ちょっと機動しそうなポーズ

 


 

武器の両手持ち

 


 

武器の両手持ち(2丁)

 

 

などなど、いろいろ手遊びが捗りそうな感じになってます。

 

最初は可動と武器の持ち替え遊びがメインになると思うのですが、装飾品(チョッキなどの防具、その他付属品など)も広げていきたいな~と。

 

問題は、強度問題などの諸問題をクリアするための仕様変更で当初見込んでた完全組み立てキット的な仕様ではなくなってしまったり、サイズがやたらでかくなってしまったりとでコストが果てしないアイテムになってしまっていることです。

 

こちらの商品は500円になるのですが、倍近くの値付けでも結構厳しいくらいの仕様になってしまってます。

正直・・・完全にやらかしたなって思ってます。

 

何をやるにもコストが厳しい・・・!それが玩具開発の現実・・・!

為替に材料高に人件費高騰・・・etc こんなんじゃ何も作れないじゃん!と、愚痴を言いながらもあれやこれやを工夫して乗り切る。それが商品企画なのです。

 

ものすごい売れ方するしか即限界突破で生き残れないという、世に出る前からハードモードなシリーズですが、皆様に楽しんでいただける品質の商品に仕上げるべく鋭意調整中です。

やるからには長く続けられるようにしたいなと思いますので、発売の際は是非是非カプセルを店頭で回しまくってください(懇願)

 

 

近日中に箱売り版のWEB受注も開始予定です。

 

 

続報をお楽しみに!

 

(C)BANDAI

投稿日:2018.7.18 コメントをする
▲TOPに戻る

駒形情報局(仮)~つくってるよ~

こんにちは。開発担当のK澤です。

 

ガンダム情報をお届けする駒形情報局(仮)ですが、来月のC3AFAに向けての仕込みがスタートしており、やや更新が少なくなる見込みです。

まだお見せできないものが多くて・・・。

 

 

C3AFA・・・きっと皆さまに喜んでいただける情報が出せると確信しております。

 

 

 

 

さて、とはいえ新商品は全力開発中です。

 

 


 

この後姿。

 

 

 

そう

 

 

 

 


 

ゲイツなんかも、もちろん開発中です。

 

 

 

・・・・ここから先も出したい・・・・・のですが、今は我慢・・・・!

 

 

アンサンブルのあの機体とか、換装して数タイプにどうにかなっちゃうあの機体も来月には皆さんに見せられると思うんですよね。

 

 

まあ、それでいうとあのアレとアレして変形とかもしがちなアレが目玉になると思うのですが、そこからの通常弾に入るアレも驚きが少しあるのではないかな・・・と!

 

 

久しぶりに、絶対に解読できないガンダムパズルで今回はお別れです。


 

続報をお楽しみに!

 

 

 

 

 

(C)創通・サンライズ

投稿日:2018.7.13 コメントをする
▲TOPに戻る