• ジャンプフェスタ2017
  • 藤岡弘、さんが語る、探検と珈琲の極意
  • 全日本模型ホビーショー2016
  • ムツゴロウさん×開発者森内尚さん スペシャル対談
  • 東京おもちゃショー2016 フォトレポート
  • ガシャポンを「日本のお土産」に
  • アニコラシリーズ開発者インタビュー
  • 次世代ワールドホビーフェア'16 Winter フォトレポート
  • ジャンプフェスタ2016
  • 全日本模型ホビーショー2015
  • ガシャポンフェスタ2015
  • ガシャポンフェスタ2015
  • ガシャポンフェスタ2015
  • ガシャポンフェスタ2015
  • プロダクトマネジメント部の工藤 純氏に訊く ガシャポンの「eco活動」
  • 妖怪おみくじ神社バスターズ 次世代ワールドホビーフェア'15 Summer フォトレポート
  • 東京おもちゃショー2015 フォトレポート
  • ネットdeカプセル レポート
  • ニコニコ超会議フォトレポート
  • ガシャポン海外事情インタビュー
  • 「Brilliant Capsule」フォトレポート
  • ガシャポン大人女子座談会
  • ガシャポンカン
  • 次世代ワールドホビーフェアWinter'15レポート
  • ジャンプフェスタ2015 ガシャポンレポート
  • ガシャポン君がLINEスタンプになって登場!
  • アニメイトガールズフェスティバル
  • 全日本模型ホビーショー
  • 次世代ワールドホビーフェア
  • スマートパンツ
  • おもちゃショー
  • 気まぐれ鳥
  • 鳥人間

クリエイターインタビュー

「スマートパンツ」開発者 森内尚さん

渋谷まで下着を買いにいきました。

―― スマートパンツは、本当にユニークな商品ですよね。どんな発想で生まれたのでしょうか。
森内 一番初めのきっかけは、上司とのアイデア出しで話題にあがったブリーフでした。「モチーフとして、こんなのはどうだろう」と挙げられた中のひとつがブリーフだったんですよ。
―― え、ブリーフですか?
森内 そうなんです(笑)。ブリーフって何だか面白いモチーフじゃないですか。これで何かできないかなと考えていたとき、机の上にあったスマートフォンを見て「スマホにブリーフを穿かせたら面白いのでは?」と思い浮かんだんです。で、紙でサンプルを作って、スマホのホームボタンを隠すように貼ったら、我ながら「すごく面白いし、よく考えられてるなあ」と思いまして(笑)。
―― (笑)。
森内 当時、ホームボタンが壊れて困るという声が沢山あって、大事な部分をパンツで守るというコンセプトもいいし、パンツの上からボタンを押するのも面白い。早速、上司に見せたら、普段そんなこと言わない人なんですけど「これはいけるぞ!」と言ってもらえました。
―― 社内のプレゼンは、どんな風にされたんでしょうか。
森内 おしゃれな下着メーカー風の動画を作りました。最初に下着姿のモデルさんが格好よくランウェイを歩く映像を流して、最後にスマートフォンが下着を履いている絵と一緒に「ホームボタンを守れ」というキャッチフレーズをだして。動画を流した会議では思った以上に面白がってもらえて、トントン拍子で商品化が決まりました。

いろいろのパンツの柄を作っては見せにいく

―― パンツのラインナップを決めるのは大変でしたか?
森内 弊社にはしっかりとした倫理規定があるので、色々なパンツの柄を作っては見せにいって、大丈夫かどうか確認するやりとりが一番大変でした。
―― 変な感じのパンツにみえては困るということですね。
森内 そうですね。変な風にみえたら絶対に駄目だというのを踏まえながら、沢山のパンツを考えました。この商品は、私が商品もディスプレイもデザインもやっているので、作ったものが没になるのは辛かったですけれど。
―― デザインを担当しているというのは、印刷用の版下を作っているということですか。
森内 はい、Illustratorなどを使って全て私がデザインしています。全て自分でやるため、どうしても時間がかかってしまうことがあるのが悩みの種です。
―― 実際の下着を参考にしたりはしているのでしょうか。
森内 第1弾のときは、渋谷まで女性用の下着を買いにいきました。しかも男性の先輩とふたりで(笑)。Tバックとか、普段みることないじゃないですか。買ってきた下着をスマホに見立てた週刊誌に穿かせて、こんな風にみえるのかとか、やっていましたね。商品サンプルができてからは、電気量販店のスマホコーナーに行って、色々なスマホに履かせたりして装着具合のチェックをしました(笑)。

世界に広がる「スマートパンツ」

―― これまでにない商品だけに、第1弾をリリースするときに不安はありませんでしたか。
森内 発売前はドキドキでした。今でもよく覚えていますが、発売直前に、池袋の立ち食い寿司屋で並んでいる時にインターネットのニュースサイトを見ていたら「スマートパンツ」が記事になっていて!凄く話題になっているなと思いながらも、実際にでて売れるか心配していたら、発売と同時にあっという間に完売!反応の大きさに驚きました。本当に嬉しかったですね。それですぐに、リピート・第2弾TVCMもという話になりました。
―― 「スマートパンツ」は女性にも人気だそうですね。
森内 最初は男性の方が多かったんですが、今の購買層はほぼ女性です。僕はいまだに街で使っている人に出会ったことがないんですよ。
―― そうなんですか。
森内 電車でホームボタンのシールをつけている人を見かけたことはあるんですけどね。あ、パンツの方は外しちゃったんだなと。使っている人は名乗り出てくれると嬉しいです(笑)。
―― 「スマートパンツ」は、海外での発売も予定されているそうですね。
森内 まさかの展開で、イギリスとフランス、アメリカでの発売が決定しています。これが海外版のパッケージの一例です。
―― 世界に広がりつつある「スマートパンツ」を、今後どんな風に進化させていこうと考えられていますか。
森内 ここまで続けてこれたのは奇跡だと思っています。ただ、商品が浸透したおかげで、みんなだんだん見慣れてきたかなとも感じているので、もう何回かはビックリしていただけるようなことができたらいいですよね。
―― 第6弾で新たについた、「キノコ」と「こんにゃく」のスタンドにも相当ビックリさせられました。
森内 (笑)。これはもう1個入っているようなものなので、コスト的には厳しいんですが、まあ笑っていただければなと。他にも、最近は指紋認証の機能がついたスマホもあるので、穴のあいたパンツも新しく作りました。スマホ自体が日々進化していますので、スマートパンツも一緒に変わっていければなと思っています。

話は変わるんですけど……実は今日、ちょうど新製品の見本をもってきているんですよ。折角ですので1体だけお見せします。詳細はまだお知らせできませんが、「犬がなめてる」感じが出ればと思っています。
―― これはまたユニークな商品ですね。詳細の発表を楽しみにしています。今日はありがとうございました。

プロフィール

「スマートパンツ」の詳しい情報は特設サイトをチェック!