ガシャポンブログ

ガシャポンワールド

最新の記事

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

駒形情報局(仮)~ザンネックマスクサンプル~

こんにちは。開発担当のK澤です。

 

ザンネックのショット最新版が届いたのでご紹介・・・・をしようと思ったら、マスクサンプルが届きましたので簡単にご紹介。

カメラの調子が非常によろしくないので撮影日によって画質がぶれておりますが、いつも通りざっくりとした写真なので雰囲気だけ伝われば幸いです。

 


大分メリハリの利いた良い仕上がり具合ではないでしょうか。


逆振りでも1枚。

ザンネックベースありだとボリューム感ありますね。


ちなみに、単体でも独特のシルエット感が際立つしっかりとした造形となっております。足首の可動範囲が広いため、浮遊ポーズもよい感じに決まります(浮遊イメージないですが・・・)


 

肩のわっかは3㎜のピンで勘合しているため

 


このようにほかの機体に取り付けることも可能です。

 


5弾のV2と組み合わせれば対決ごっこもはかどる!

 

 

 

そんな「MOBILE SUIT ENSEMBLE EX05 ザンネック」の受注締め切りは

 

12月18日(月)まで!

受注ページはコチラ:(http://p-bandai.jp/item/item-1000119821/

お買い逃しなく!

 

 

そして

 


 

神々しさの演出にも抜群な「ファンネルセット」も受注期間残りわずかです。

まだ最終調整中なので物での写真が撮れないのですが

 


通常版のファンネルと比べてもボリューム感のある大型ファンネル。さらに可動式ファンネルと台座、νガンダム用のサーベルも付属します。

 

こちらも12月18日(月)まで!なので是非ご注文ください。

受注ページはコチラ:(http://p-bandai.jp/item/item-1000118456/

 

 

ついでに・・・

 


「ガシャポン戦士f EX03 クィン・マンサ」

 

こちらの受注締め切りも12月18日(月)まで!

受注ページはコチラ:(http://p-bandai.jp/item/item-1000118457/

 

 

まとめて12月18日締めきりです。

 

 

ラスト1週間の全力宣伝・・・!

 

全力で宣伝をしながら、今後の話を少しだけ。

 

アンサンブル・ガシャポン戦士ともにPB展開をもう少し強化したいと考えております。

アンサンブル・ガシャポン戦士共に皆様に支えていただき、通常弾は来年頭にはそれぞれ5弾が展開します。シリーズ物はなかなか継続が難しく、2弾・3弾から先を迎えられないものも多いのですが、おかげさまで実売は非常に好調で、コスト面で結構厳しい以外は継続しない理由がないくらいの実績が残せております。

 

シリーズとしてしっかりと継続を見据えた際に、通常弾だけでは補完できない武装や周辺パーツ、大型機体などを積極的に展開していっても大丈夫かなという段階に差し掛かってきております。もはや、すぐに終わるかどうかわからないシリーズという立ち位置ではなく、より長く継続していくための施策をうちながら長期展開を目指すシリーズとなっているからこそ、様々なアイテムをまんべんなく展開していけるように環境を整えていきたいな、と。

 

しかしながら、アイテム数が増えてくると購入すべきものも増えてしまうのでお値段的な部分も気になるとことですね。

 

そちらに関しては、以前アンサンブルのクシャトリヤの記事でPB商品のコストのお話をさせていただいたことがありますが、数量が上がると値段を下げることができるようになります。少しずつ数量のベースアップを目指しつつ、それによって商品の価格を下げていけるように尽力していきたいと思います。PBの展開が安定してくると通常弾が多少きつくても全体でバランスが取れるようにもなってくるので、ここから先の展開には欠かせないかなと。

 

より安く!より幅広く!を目標に頑張ります。

 

さて、手の内を晒したうえで、どういう風に価格を下げていけるか?

 


「EX03 クィン・マンサ」は3,500円

品質アップのために工場を変えたことでEX01・02と比べてやや割高になってしまいましたが、それでも皆様に多くの受注をいただくことができました。これによって、次のEX弾にも多くの受注をいただけると期待し、次弾の価格をEX03よりも低く設定できるようになりました。

 

 

結果・・・・

前回より500円値段を下げた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

ガシャポン戦士EX04 ナイチンゲール

 

を価格3,000円にて、近日受注開始予定です。

 

ゆくゆくはこれくらいのボリュームの商品をもっと安くできるように育てていきたいですね。

 

更に、まだ企画段階なので未決定&お値段がどうなるかが全く読めずでご紹介は大分先になってしまう見込みですが(そもそもご紹介できるところまで進めるかわかりませんが)2体セットのEXなんていうのも考えていたりします。

 

となると7弾あたりでそれに関連する機体がラインナップされたり・・・?

 

続報をお楽しみに!

 

(C)創通・サンライズ

投稿日:2017.12.12
▲TOPに戻る

駒形情報局(仮)~限界を超えるということ~

こんにちは。開発担当のK澤です。

 

本日は届きたての「MOBILE SUIT ENSEMBLE05」彩色テストショットを少しだけご紹介。


「00クアンタ」もはやデコマスと遜色ないレベルでまとまっております。

これが500円なんて驚きも驚きですね。500円の限界を超えるってこういうことかなと。

 

可動+組み換えまでも備えた高仕様商品のため彩色をあまり贅沢にはできないのですが、彩色少な目で成立しているとは思えない仕上がりだと自負しております。(すなわち、生産メーカさんの商品設計が素晴らしすぎるということです。)

これは、できるだけ成形色を生かした金型配置、共通ジョイントやABSパーツのグレーを効果的に配置することによって成立しております。目に映る情報量をぐっと増やすことによってまるでオミットがないような高密度な仕上がりに。

 


 

先日紹介したショット品でみると、無彩色でもここまで色が分かれています。

 

成形色を統一して同じ金型に入れ込んでいるため、V2のブルーとクアンタのブルーは同じ色で成形されておりますが、差し色の違いや、モールドの入り方によってクアンタのほうが青が濃く見えるようになっているかな、と思います。


V2はこんな感じ。・・・微妙な差ですね。

 

デメリットとしては、金型配置がほかの機体と一緒になっているため、特定の機体だけの再録やフルセイバーのような単体+オプションで成立させようとするとほかの機体のパーツを止めつつ単体用に金型複数使用し、さらにオプションパーツ用の金型を鋳造・使用しなければならないためリーズナブルなお値段では作れない(ロス&手間が非常に多い)という点があります。

通常弾をこのラインナップの中でより効率よく、より見栄えの良い高仕様を生み出すための工夫なので、ベスト弾みたいなものの実現が難しくなります。

つまりは、再販チャンスはあまりないので買い逃しなく・・・!ということですね。

 

さて、閑話休題

 


 

正面から1枚。・・・イケメン!

 


 

武器セットの持ち手と組み合わせればライフルモードにすることも可能。


 

もちろんバスターソードにもできます。

 

武器セットとの組み合わせで最大級にポテンシャルを発揮する「00クアンタ」はまもなく最終調整!

 

 


 

「V2ガンダム」も武器セットを使えばこの通り!

 


 

この通り!

 

「ゲドラフ」だって
この通り!

 

・・・ん?なんか違う?

 

とにかくプレイバリュー満点!なのは間違いないですね。

 

 

そして、もう一点届いております。

 


「クィン・マンサ」のテストエンド品です。

カッチリした抜群の仕上がり・・・・。これは遊べますね!

 

「クィン・マンサ」ですが、以前お伝えした通りこの弾よりEXシリーズはアンサンブルと生産が一緒になったため、ちょっとだけアンサンブルとも連動できる要素を盛り込んでみました。


腕部のジョイント(赤丸の部分)がアンサンブルの共通径である3㎜に合わせて設計されております。

結果、組み替えて遊ぶこともできる・・・


こんな風に・・・!!!

遊びの幅が広がりますね。



ガシャポン戦士f EX03 クィン・マンサ (http://p-bandai.jp/item/item-1000118457/

 

受注締め切りは12月18日(月)

 

となっております。

 

お見逃しなく!

 

ファンネルセットとザンネックも18日締め切りです!こちらもお見逃しなく!

 

ファンネルセット(http://p-bandai.jp/item/item-1000118456/

ザンネック(http://p-bandai.jp/item/item-1000119820/

 

(C)創通・サンライズ

投稿日:2017.12.4
▲TOPに戻る

実物大!?「しいたけ」があなたのもとにやってくる!

こんにちは。開発担当のK澤です。

 

本日ご紹介するのはこちら!


 

 

1/1 しいたけ

 

「ラブライブ!サンシャイン!!」に登場する高海家の「しいたけ」がまさかの商品化!です。

 


全高約70㎝の超ビッグサイズ!

 

毛の長い、ふわふわな生地を使用したリアルなさわり心地!しいたけファン必見の一品となっております。ぬいぐるみを企画したのは初めてだったのですが、なかなかどうして楽しく作らせていただきました。

 

ポイントとしてはなんといっても「大きい」ので、存在感が半端ないです!

 

ぬいぐるみもフィギュア原型のように何度か修正指示を出して、その修正が反映されたものをチェックして・・・というのを繰り返すのですが、あまりの大きさに修正サンプルが届くたびに笑いが起きるという・・・。

 


 

横から見るとこんな感じです。背中からしっぽまで妥協のない仕上がり・・・!

 


 

後姿もボリュームたっぷりです。

 

なぜこのしいたけを実物大(想定)で商品化しようと思ったのか・・・。

今となっては自分でもわかりません(笑)

 

しかしながら、この「しいたけ」のいる生活・・・とても素敵なものになること間違いなし!

 

 

是非「しいたけ」をおうちに迎えてくださいませ!

 

受注ページはコチラ(http://p-bandai.jp/item/item-1000120829/)

 

 

そしてTVアニメ2期好評放送中の「ラブライブ!サンシャイン!!」のガシャポンアイテムをご紹介!

 


 

2期オープニングテーマ「未来の僕らは知ってるよ」の衣装をかわいらしくデフォルメしたアクリルバッジ「かぷりるずバッジ04」が好評発売中です!200円で集めやすいコレクションアイテムとなっております。

 

是非全種類集めていただけると幸いです。

 

TVアニメ第2期衣装のアイテムはこれからも続々登場予定です。

 

商品の詳細な情報はコチラ(http://gashapon.jp/lovelive/

 

 

12月にはあの曲の衣装が商品化・・・!?

 

 

続報をお楽しみに!

 

 

©2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

投稿日:2017.11.30
▲TOPに戻る

駒形情報局(仮)~分岐点~

こんにちは。開発担当のK澤です。

 

今回は届きたての「ガシャポン戦士f05」彩色試作品を少しだけ公開。

まだ勘合が緩かったりきつかったり、色がはみ出してたり、全体的に調整段階ですが雰囲気は伝わるのではないでしょうか。

 


これくらいのサイズでたくさん並んでると不思議な気持ちよさがありますね。カラフルで見栄えもよいですし。

造形的にはベストなバランスに到達したなあ・・・と感じております。

 


こんな感じに修正箇所一つ一つに指示を出していき、その修正が反映されたかどうか?をスケジュールぎりぎりまで調整する段階です。

 


同時に複数のアイテムを動かしているので、その間に別の商品の原型データが届いたり(※超技術による特殊加工にて何の機体かわからないように加工されております)

 


別の弾のスケッチが届いたりするんですね。

 

この繰り返しでシリーズは弾を重ねていくわけです。

 

で、今回はそんなシリーズの最新ラインナップを1体だけ公開!


「ガンキャノン」が参戦決定・・・!

 

 

これはV作戦そろう可能性出てきましたね!ガンタンクが商品化されるかが謎に包まれておりますが・・・!

 

 

シリーズ商品、どこまで走れるか、どう走るのか?今が1つの分岐点。そんな感じがしております。

 

というのも、先日もお伝えした通り、「通常弾どうしよう問題」が重く・・・おも~~~~~~~~~~く圧し掛かってきております。

 

隠していても仕方がないので今のうちに白状すると、「アンサンブル」も「フォルテ」も非常に苦しい状況だったりします。

 

売れ行きとしては「アンサンブル」も「フォルテ」に引き続き、皆様のおかげで4弾で最高実売を記録し「ZAKU HEAD」も絶好調!ガシャポンガンダム市場はかつてない盛り上がりをみせる状況となっております。

 

でも時代はいつも愛飲しているあの牛乳が飲みやすい量にスリム化されたりする・・・そんな時代。

 

生産環境が急激に変化する昨今、本当に限界を迎えそうな状況となっております。

というか、正直限界です。

 

超絶に泣き言を言いたくなる。そんな環境です。

なので苦しいアピールはしっかりしておこうかと・・・!

 

フォルテはもう300円を維持できず、400円でも価格に折り合いがつかないので終了し。アンサンブルは値上げができないので終了するしかなくなるのです。

 

 

 

 

そして・・・

 

500円の「ガシャポン戦士ff(フォルテッシモ)」と、

箱売り限定の1体1500円する「超モビルスーツアンサンブル」が爆誕するのです

 

 

 

 

 

 

・・・が、実際にはそんな予定はなく、シリーズ終了でもなくまだまだ終わらせる気はございませんので

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず

 

 


 

通常弾に「ジ・O」を入れてみたり

 


組み合わせるとアホみたいに大ボリュームになる「スタークジェガン」を作ってみたり

(なんだったら原型はすでに完成していたり・・・?)

 

 

したいな、と。

 

 

どうせなら限界の先までいかないとね!

出せるうちにスペックの高いものを出せるだけ出したいですし。

 

 

何より仕様を落とすのとても苦手なので・・・(笑)

 

 

こういうことするからもっと苦しくなるんですけどね!

 

 

更に幅広い展開を目指すシリーズ商品の今後に乞うご期待!

 

 

(C)創通・サンライズ

投稿日:2017.11.28
▲TOPに戻る

駒形情報局(仮)~お台場へレッツゴー~

こんにちは開発担当のK澤です。

 

先日お台場でスタートした「GUNDAM docks at TOKYO JAPAN」に展示をしてきました。

イベント詳細はこちらhttp://gundam-docks.tokyo/

 


4F展示スペースにこのように展示をしております。

 


 

来月お届けの「MOBILE SUIT ENSEMBLE EX04」に特典デカールを貼った量産サンプルや

 


発売直前!の「EXCEED MODEL ZAKU HEAD3」も展示しております。

 

お台場にお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 

 

 

そして、アイテム開発状況をお伝えします

 


 

本日ご紹介する商品はコチラ!「MOBILE SUIT ENSEMBLE05」

・・・の、ほぼエンドに近いテストショットをご紹介します。

 

 


まずは「00クアンタ」より。結構よい感じに仕上がりつつあります。無塗装状態でもそれなりに色が分かれているのでカッコよさが十分に伝わるのではないでしょうか。そして、この3色くらいで構成されたシンプルな作りがちょっとひと昔っぽいなつかしさを感じさせますね。

 

10周年で盛り上がりを見せる「機動戦士ガンダム00」ですが、その流れに乗ってしまおうと、クリアパーツは贅沢に使用させていただきました。

「00ガンダム」の時もちょっとやりすぎたな・・・と反省したのですが、今回は最終的なコストを見たときにもっと反省しました。

 

でもやめられない・・・!


続いて「V2ガンダム」です。これ以上ないのでは?というくらいに良いバランスで調整ができております。バスターパーツを付けた時のボリューム感は完全に通常弾を逸脱した、良い意味で異常な商品になっております。


過去記事の「V2バスター」より。

 


 

最終的にはやはり「V2AB」にしていただきたいですね。

 


「ゲドラフ」&「アインラッド」もかっちりした仕上がりになりつつあります。流通の商談会などでもやはりこの2種への反応は大きく、ちょっとした驚きは提供できているのかなと感じております。この弾とザンネックがすごく売れるようなことがあったらいつかこの異質なMS達のバリエーションをもっと展開してみたいですね~なんて原型打ち合わせで話題になったり。「ゾロ」とか・・・。

 

このタイヤがカプセルに収まるというのもちょっと驚きですよね!


 

組み立った状態ならカプセルを逆にすっぽり収められるサイズですからね・・・。

とってもキューt・・・

 

キュート!

 

ですよね!

 


 

一緒に遊びたい「ザンネック」も好評受注中ですのでお見逃しなく!

受注ページはコチラ(http://p-bandai.jp/item/item-1000119820/

 

ガシャポン戦士のほうも5弾のマスクサンプルが届き始めておりますので

近日中に「ガシャポン戦士f05」サンプルと、「クィン・マンサ」のショットサンプルの紹介ができるかと思います。

 

「クィン・マンサ」はアンサンブルと同じ工場で生産しているため、ちょっとした共通仕様を盛り込んでいたり・・・?

 


クィン・マンサ受注ページはコチラ(http://p-bandai.jp/item/item-1000118457/

 

そして次なるEXシリーズも近日公開予定です。

本日彩色原型が届いたのですが、なかなかどうして・・・目周りの色が少し物足りないけど・・・という気持ちになりつつも非常に良い感じに仕上がっております。

 

 


(これくらい難易度上げればわからないはず・・・)

 

生産コストが異常なまでの速度で上がっていっているので、調整や読みが難しくなっておりますが、今回は「クィン・マンサ」よりもお安く提供できる見込みです。

 

一方で、アンサンブルもガシャポン戦士もこの環境変化の中で通常弾どうしよう問題がすさまじい勢いで押し寄せてきており、まったく予断を許さない環境ではありますが

 



世に送り出したい原型たちはガシガシ出来上がっていっているので、走り続けたいですね。

 

この原型の続報も近日公開予定です。

 

お楽しみに!

 

(C)創通・サンライズ

投稿日:2017.11.21
▲TOPに戻る