ガシャポンブログ

バンダイ企画担当者が ここでしか聞けない最新情報や開発秘話をお届けしております。

ガシャポンワールド

最新の記事

2021年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

新着記事

カテゴリー

いきもの大図鑑アドバンス ヒョウモントカゲモドキ 目の表現

いきもの大図鑑シリーズ担当の誉田です。

 

ただいま、「いきもの大図鑑アドバンス ヒョウモントカゲモドキ」がガシャポンオンラインで予約受付中ですので、今回は注文サイトで触れられていなかったヒョウモントカゲモドキの目に関しての話をしたいと思います。

 

ヒョウモントカゲモドキの目の表現



 

ヒョウモントカゲモドキを飼われている方はご存知かとおもいますが、体の模様だけでなく目の色にもいろんなパターンが存在します。

 

今回の種類では、

ラプターはルビーアイ

ブリザードはブラックアイ

そして、タンジェリン、ハイイエローはノーマルアイとなります。

ルビーアイ(画像では黒に見えるかもしれませんがちゃんとルビーアイになっています。)



 

 

今回はノーマルアイの彩色の話となります。

 

実際のヒョウモントカゲモドキの目をアップで見るとよくわかるかと思いますが、目全体は少し青みがかった灰色をしており、その上には血管が黒っぽい紫色で入り組んでおり、真ん中の瞳孔部分は縦長で黒となります。

 

本物のヒョウモントカゲモドキのノーマルアイ



実際のフィギュアの目は横幅で5,6㎜のサイズなので、肉眼でどこまで見えるかはわかりませんが、本物同様に血管のラインの再現に挑戦することにしました。

10㎝程のサイズに拡大し、実際の目と同じように血管を1本1本デザインしていきました。

目を10㎝程のサイズにて血管をデザイン



それが終わったら、今度はそれをフィギュアの目のサイズに合わせ、小さくし、3色の彩色を重ねて入れていきます。

小さすぎるため、最初は血管がつぶれてしまい、きれいに彩色で入れることが出来なかったのですが、3回目の修正でやっと血管のラインが一本づつきれいに彩色できるようになりました。

3色の彩色をいれたノーマルアイ(実際の製品版ではもう少し青みを抑えたカラーとなります。)



 

この画像で見て、なんでもない作業だと思った方は、ぜひ、このフィギュアの目をご自身で確かめて頂きたいと思います。

 

今回の目のサイズは、この血管のライン1本1本までは肉眼では見ることは厳しいくらい小さなサイズなんです。

 

爬虫類は目の彩色が重要ですので、省略せずにキチンと血管を入れることで本物っぽさを感じ取ることが出来るようになっていくのではないかと思います。

 

 

「いきもの大図鑑アドバンス ヒョウモントカゲモドキ」は先週末で予定数に達してしまいました。購入いただいた方、本当にありがとうございます。

今週からは2次受注に切り替わりました。発送月は9月となり、締め切り日は6月15日となります。

 

プレミアムガシャポンでの一般販売は8月に予定しておりますが、オンライン限定のラインナップもあるので

ぜひガシャポンオンラインでのご購入もご検討ください!

>>>「ガシャポンオンライン いきもの大図鑑アドバンス ヒョウモントカゲモドキ」 

 

 

 

 

投稿日:2021.5.25 コメントをする

コメントする

コメントを見ることができるのは開発担当のみとなります。
コメントに対する返信や引用は基本行いません。
ご了承いただけますようお願いいたします。

内容をご確認の上、送信ボタンを押してください。

▲TOPに戻る