ガシャポンブログ

バンダイ企画担当者が ここでしか聞けない最新情報や開発秘話をお届けしております。

ガシャポンワールド

最新の記事

2020年10月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

新着記事

カテゴリー

ロボットコンチェルト第4弾が登場・・・!

こんにちは。開発担当のK澤です。

 

記事の前に、本体の組み立てについて問い合わせがありましたので回答します。組み立てはカプセルに付属のミニブック・HPをご確認ください。本体部分の組み立てはシリーズ共通となっておりますのでhttps://gashapon.jp/robot_concerto/build/build_01.phpなどをご確認ください。

 

昨日のアクアシューターズに引き続き、ガシャポンオリジナルIPである「ロボットコンチェルト」最新弾がついに公開!ロボコンも4弾までたどり着くことができました。世界観と設定上は4弾で一旦区切りとなります。

自由な組み替えや遊びを優先していたので4弾に来るまではあまり世界観やストーリーは前に押し出していなかったのですが、クライマックスを迎えるロボットコンチェルトの世界観を簡単に振り返ってみましょう。(引き続き自由な組み替え、遊びは是非してください)

公式サイトhttps://gashapon.jp/robot_concerto/story/に掲載されている内容です。

世界は大きな戦争により一度滅び、時間をかけて再び発展。その中での新しい戦いのカタチとして各企業や団体が「デュエロイド」と呼ばれるロボットを戦わせる「グラップルデュエル」を行なっております。(デュエロイド:大戦時にも使用された決戦兵器の総称。ヒト型から飛行機、戦車型など様々なバリエーションが存在。大戦時はデュエロイドとは呼ばれていなかったが、新しい戦いのカタチとしてグラップルデュエルが生まれた際にバトルメカの総称として名付けられた。)

大戦後の世界は資源が乏しく、大きく発展している裕福なエリアとそうではないエリア、滅びたままの3つのエリアに分かれております。

資源が乏しく、戦いの技術も多くが失われているため、グラップルデュエルでは戦いの中で破壊することで敵の持つパーツや武装、技術を奪い取るといったことがルールとして認められています。

3つのエリアを細かく見てみましょう。

大戦から復興し、人々が生活する発展した都市「NEO COLONY CITY」

多くの人々が暮らす、大戦から復興し発展した都市です。大戦で使われた戦うための技術の多くは封印、あるいは失われております。しかしながら、戦争に関わる技術以外は大幅に進歩し、あらゆるものがシステム化されております。人々の生活までも・・・。

このエリアではシステムが作り上げた企業や団体に役割が割り振られ、そこで過ごす人たちにも能力や成長過程の経験・適正に基づいてなすべきことが割り振られます。ここに過ごす人々は貧困や将来への悩みなどといった問題とは疎遠な生活を送っています。

 


時代の流れから外れ、独自の発展を遂げた「FORGOTTEN CITY」

システムによる管理を拒否し、自分たちだけの独自の発展を遂げたエリアです。画一的なシステムへの参加を拒否しており、復興への補助なども受けていないためNEO COLONY CITYと比べて圧倒的に貧困層の多いエリアです。そのため、単独企業や団体でグラップルデュエルに参加することは稀で、連合や同盟を組むことでグラップルデュエルに参加しています。

 


復興を放棄され、世界から見捨てられた「SCRAP VALLEY」

かつての大戦で滅び、復興されることもなく放置、あるいは廃棄されたエリアです。大戦の時のまま人の手が入ることなく放置されているため、当時の技術が発掘されることもあるエリアです。戦争に関する技術は失われているため、ここから新たな(旧時代の)技術を発見し、自分たちのデュエロイドに反映させるといったことも行われます。グラップルデュエルの戦場として使われることも多い。

 

この3つのエリアで繰り広げられるバトルを描いた「ロボットコンチェルト」ですが、ここでナンバリングの1・2・3弾を軽く振り返ってみましょう。


第1弾「876カンパニー」:主戦機「アウラ」を中心に安定した実績を誇る大手団体。グループとして1.5弾の「876Spark」やミニクレ版で登場した「765㏇ltd」が存在する。大戦以降に生まれた企業であり、機械的に番号と役割を割り振られた『ナンバーズカンパニー』。ナンバーズカンパニーであるがゆえに意思決定から企業方針などのすべてが<システム>に依存している。


第2弾「TREASURE TRACER」:主戦機「ライオマックス」を擁し、技術的困難で再現できる団体がほとんど存在しない【変形】を可能とするなど非常に高い技術力を誇る。大戦以前から存在するため、ナンバーズカンパニーとは異なり独自の企業ネームをもつ。最近はSCRAP VALLEYでの技術(お宝)発掘・追及に力を入れている。


第3弾「CONCRETE FOREST」:企業ではなく、FORGOTTEN CITYの連合団体。NEO COLONY CITYで展開する他の企業とは異なる異質な外観のデュエロイドが特徴。この団体に所属する人々もまたNEO COLONY CITYの人々とは異なり、謎を秘めた存在となっている。

 

そして・・・

 


第4弾「KINGS ROAD」:かつて世界を統一した「機関」から生まれた組織。NEO COLONY CITYの管理者にして監視者。絶対的王者としてグラップルデュエルの頂点に君臨している。技術的に困難である【変形】はもちろん、他の企業や団体には再現できていない大戦時代の技術である【ヒト型デュエロイド単独での飛行】も実現している。

出自、エリアの異なる各企業・団体の参戦と、絶対的王者の登場・・・まさにクライマックス!

ここで気になるのが「DARK LEGION」の存在ですよね。こちらも紹介します。

https://p-bandai.jp/item/item-1000149461/(ガシャポンオンラインでの購入はコチラ)

DARK LEGION01「???」:グラップルデュエル最終決戦において突如として876カンパニーの前に現れた謎の【軍勢】。外見は「アウラ」「クリーガ」など876カンパニーの擁するマシンではあるものの、876カンパニーとは関係がない様子。1体や2体と言った単体レベルではなくまさに軍勢として大量に戦場に投入される。ゴールドとパープルではそれぞれ能力が異なり、複合的な戦術で876カンパニーを苦しめる。

https://p-bandai.jp/item/item-1000150357/(ガシャポンオンラインでの購入はコチラ)

DARK LEGION04「VICE」:DARK LEGIONを率いる組織「VICE」。究極のマシンである「ズルフィカール」の正体とは・・・?

 

ロボットコンチェルトの設定として現在ご紹介できるのはここまでです。ボスも登場し、盛り上がりを見せるロボットコンチェルトですが、ガシャポンオンラインにて01・04DARK LEGIONが好評受注中

 

そして、第4弾は明日「10月15日(木)より」ボックス版をプレミアムバンダイにて受注開始予定!

 

是非手に取っていただければ幸いです。

 

(C)BANDAI

 

Twitterアカウント「ガシャポン駒形屋(仮)」もよろしくお願いします

投稿日:2020.10.14 コメントをする

コメントする

コメントを見ることができるのは開発担当のみとなります。
コメントに対する返信や引用は基本行いません。
ご了承いただけますようお願いいたします。

内容をご確認の上、送信ボタンを押してください。

▲TOPに戻る