ガシャポンブログ

バンダイ企画担当者が ここでしか聞けない最新情報や開発秘話をお届けしております。

ガシャポンワールド

最新の記事

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

新着記事

カテゴリー

いきもの大図鑑アドバンス スズメバチ 開発日記(その二)

いきもの大図鑑シリーズの企画開発担当の誉田です。

 

前回の「いきもの大図鑑アドバンス スズメバチ 開発日記(その一)」では、どのような彩色にすれば手に取った人を驚かすことが出来るかかを検討し、そこで行き詰っている話をしました。

今回はそこからの続きとなります。

 


インパクトのある彩色方法を見つけるため、いろんな方に彩色モデルの作成をお願いしたところ、ある方がこちらの依頼した仕様とは異なるものを仕上げてきました。

 

それは、スズメバチ全体をすべてボカシ塗装にて彩色したものでした。しかも、艶有り塗装でテカテカに光り輝いていました。

私からの彩色指示は胴体の警告色のキイロと黒のライン分けはスプレーマスクできっちりを分け、追加で赤茶色をボカシ塗装にてリアル感を出し、胴体は艶消し、顔のみ艶有りで塗装することで獰猛さのインパクトを出すものでした。

 

なぜ、艶消しで指定していたかというと、ある程度大きめのフィギュアの場合、彩色せずに素材の成形色を使用する箇所が出てきます。この部分を艶消しにしておかないとそのプラスティックの素材が見えるため、どうしてもオモチャっぽさが出てきます。それを防ぐためにプラの表面も艶なしで仕上げるというのが私の中の鉄則だったからです。

しかも、今回のような全身ボカシ塗装だなんて、大量生産のカプセルでは到底生産出来るはずがない彩色となります。

今回のように細かく彩色範囲を指定してのボカシ塗装をするとなると、細いラインも彩色が出来るようなスプレーガンを使って、フリーハンドで何回もその部分を吹きながら仕上げていく彩色方法となります。そのため、熟練の職人による手作業といっても過言ではない方法で仕上げていくことになります。

工場にいる一般の工員では塗装することはできないため、このタイプのスプレーの技法を訓練された職人しか扱うことが出来ないだけでなく、塗装にかなりの時間がかかるため、数量がすくない高額フィギュアでしか使えない彩色方法です。

 

とはいえ、コストやカプセルで生産可能かどうかなど考えなければ、この全身光沢のある彩色サンプルは、全身くまなくボカシ塗装を使って細部まで彩色しているので、オモチャっぽさなど全く感じさせず、今まで見たこともないような全身光沢のスズメバチは獰猛さを余すことなく再現されており、インパクトは絶大なものでした。

 

この仕様に近づけようと、艶なし塗装に変更し、ボカシ塗装部分を大幅に減らしサンプルを何度も作ってみましたが、この彩色サンプルと同じようなインパクトは出すことはできませんでした。

 

「1000円という今までにない価格帯のガシャポンを販売するなら、今までと同じ考えでは手に取った人を驚かすものは作れない。」

 

と考え直し、今回の仕様をガシャポンでの商品化が本当に不可能なのか?可能性を見つけるべく検討を始めることにしました。

キイロスズメバチ



 

〇必要な生産数量を上げることが出来るか?

まず、時間がかかりすぎるこの彩色方法で大量生産をどうやって可能にするか?

という問題ですが、あることに気が付きました。

今年はプレミアムガシャポンの立ち上げ時期で、自販機の設置台数を増やしはじめている段階のため、生産数量もこれまでの通常弾と比べては大幅に少ない時期ではあります。

逆にプレミアムガシャポン用の自販機が増えていき、生産数量が増えれば2度とこのような仕様は出来なくなるため、ある意味、このような仕様のものをガシャポンで出せる最初で最後のチャンスなのではないか?

そこで、工場と打ち合わせを重ね、生産時間を大幅にとることでスケジュール的に可能性が見えてきました。

 

 

 

〇いきもの大図鑑をこれまでも集めてくださっている方に確実に手に届く手法はあるか?

 

新しく挑戦する今回のアイテムは、今まで集めてくださっている方にはキチンと手に入れれる環境を整える必要があります。

そこで、今回、プレミアムガシャポンだけでなく、ガシャポンオンラインで先行予約を取る形にしました。

期間限定ではありますが、この方法であれば、予約して頂いた方には確実に届けることが出来ます。

 

カプセル自販機でのプレミアムガシャポンの発売は6月となります。

ガシャポンオンラインではただ今受付中でこちらの商品の発送も6月にお届けとなります。

(注意、ガシャポンオンラインは4月8日で締め切られます。また、用意しています数量に達しますと早期に終了となることもあります。)

キイロスズメバチ



 

これらの施策を行うことで問題点をクリアすることが出来たため、改めてこの全身ボカシ塗装の仕様で行くことに決めました。

「いきもの大図鑑アドバンス スズメバチ」は彩色だけではありません。前回のものからさらに進化(アドバンス)させるために、いくつかの箇所を新しく作り直していきます。

 

いきもの大図鑑アドバンス スズメバチ 開発日記(その三)に続く。

 

 

誉田

 

*「いきもの大図鑑アドバンス スズメバチ」はただ今ガシャポンオンラインで受注中です。

受注締め切りは4月8日となっています。

気になる方はこちらをクリック

>>>「ガシャポンオンライン いきもの大図鑑アドバンス スズメバチ」 

 

投稿日:2021.3.24 コメントをする

コメントする

コメントを見ることができるのは開発担当のみとなります。
コメントに対する返信や引用は基本行いません。
ご了承いただけますようお願いいたします。

内容をご確認の上、送信ボタンを押してください。

▲TOPに戻る