ガシャポンブログ

バンダイ企画担当者が ここでしか聞けない最新情報や開発秘話をお届けしております。

ガシャポンオフィシャルサイト

最新の記事

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

新着記事

カテゴリー

いきもの大図鑑アドバンス クレステッドゲッコー

いきもの大図鑑企画開発担当の誉田です。

 
今回は、ただいま受注中の「いきもの大図鑑アドバンス クレステッドゲッコー」の話となります。

爬虫類も、ヒョウモントカゲモドキからスタートし、アカメカブトトカゲとモトイカブトトカゲ、アルマジロトカゲと続き、ただいま、4アイテム目のクレステッドゲッコーの開発をしております。

毎回、可動部をどのような構造にすればより本物っぽいポーズを取れるか日々を日々研究をしております。

 
今回のクレステッドゲッコーは手が吸盤のようになっており垂直な壁もすいすいと歩くことが出来るというヤモリっぽい爬虫類となります。

 
壁にへばりつく際は身体を低くして歩きますので、そのあたりのポーズを再現できるように脚の可動に拘って開発しました。

肘関節は新しい構造を取り入れて開発


 
これまでの脚は主にボールジョインを使用していましたが、今回は画像のようにヒンジのような構造にしたことで可動範囲を大きくとることが出来ます。

 
この構造にすることで身体を低い体勢にできるので壁を歩いている姿も本物っぽくなります。

低い姿勢を保ったまま、脚を自由に動かせるため、壁にへばりつくポーズも再現可能に。


 
ピン部分はABSを使用しているので、上から塗装することでこのピン部分を見えにくくしております。

ピン部分は彩色にて見えないように


 
爬虫類や昆虫などもそうですが、本格的な可動フィギュアはこれまであまり商品化されていなかったので、今の時点ではとにかく常にもっといい構造がないか構造試作をたくさん作り、それを確認しながらより良い方法を見つけるようにしております。
 
ぜひ、皆さんの手元に届きましたら、どのように感じたかを教えていただけると今後の開発の参考となります。

 
今まで可動フィギュアが存在していなかった生き物も可動をどうやって入れていけば自然なポーズが取れるか試行錯誤中です。今後、さらにビックリするような商品も出てきますので楽しみにしていただければと思います。

 
いきもの大図鑑アドバンス クレステッドゲッコーのオンラインガシャポンは7月25日に予約が締め切りとなりました。
気になる方は9月の一般店頭での発売をお待ちください。

 
クレステッドゲッコーの詳細な仕様が気になる方はこちら(予約は終了しています。)

>>>いきもの大図鑑アドバンス クレステッドゲッコー 予約画面
投稿日:2022.7.25 コメントをする

コメントする

コメントを見ることができるのは開発担当のみとなります。
コメントに対する返信や引用は基本行いません。
ご了承いただけますようお願いいたします。

内容をご確認の上、送信ボタンを押してください。

▲TOPに戻る