ガシャポンブログ

バンダイ企画担当者が ここでしか聞けない最新情報や開発秘話をお届けしております。

ガシャポンワールド

最新の記事

2022年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

新着記事

カテゴリー

すずめばち 開発日記01

生きものシリーズ担当の誉田です。

 

6月4日(虫の日)に発表し、たくさんのメディアで紹介して頂いたため、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、だんごむしシリーズ、かめシリーズに続き、今年は昆虫シリーズを立ち上げ、その第一弾として、「すずめばち」を今月発売致します。

こんなにたくさんの生きものを立ち上げていると「生きもの大好き人間」だと勘違いされますが、どちらかというと、部屋に虫が入ってきたら逃げる方です。(笑)


 

「すずめばち」を企画したきっかけは、ガシャポンだんごむしを手に取って頂いた方から、

「だんごむしが丸くなる時に殻がどう重なっているのか興味すらなかったが、ガシャポンだんごむしでその動きがわかると、虫に興味が湧いてきた。」

ということをたくさんの方からお聞きしたからです。

 

 

そこで、子供の頃に夢中になったクワガタムシやカブトムシのような人気の昆虫から、あまり知られていないが面白い特徴をもつ昆虫まで、その生態がわかるようなフィギュアシリーズを立ち上げれば、虫に興味をなくした方も子供の頃のようにまた興味が湧いてくるのでは?

と考えたからです。

 

そして、シリーズ最初の立ち上げに考えた昆虫は、「スズメバチ」と「カマキリ」の2種。昆虫の中でも「強い」というイメージが強いだけでなく、この2種の昆虫の生態は本当に興味深く、外観もその生態からくる独特の形状をしており、見るものを惹きつける「昆虫美」を兼ね備えていると考えたからです。

 

 

 

2019年 玩具見本市のガシャポンブース



そこで、まずは去年の東京玩具見本市(おもちゃショー)で参考出品として試作を展示して、皆さんの反応を見てみることにしました。

参考展示したスズメバチの試作



参考展示したオオカマキリの試作



 

その時のお客様からの反応は想像以上のもので、十分な手ごたえを感じ取ることが出来ました。

この2種を比較すると、スズメバチの巨大フィギュアのほうがインパクトが強かったようで、立ち上げはスズメバチからに決定しました。

 

玩具見本市が終わった後に、本格的に仕様をまとめ直していくのですが、そのためには自分自身が本当にスズメバチの生態をしっかりと理解し、その魅力を人に伝えていけるようにならなければいけません。そのためには、スズメバチの生態を一から勉強をするところからスタートしました。

 

(次回、原型作成に続く)

 

 

投稿日:2020.6.8 コメントをする

コメントする

コメントを見ることができるのは開発担当のみとなります。
コメントに対する返信や引用は基本行いません。
ご了承いただけますようお願いいたします。

内容をご確認の上、送信ボタンを押してください。

▲TOPに戻る