ガシャポンブログ

ガシャポンワールド

最新の記事

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

Re:ゼロから始める浅草生活 ~新フィギュアシリーズレビュー~

こんにちは。開発担当のK澤です。

今月より、ベンダー事業部の勤務地が浅草となります。

 

 

・・・ということで、散々引っ張りつくした茶番劇でしたが

 

 

「ベンダー事業部ごと本社駒形へ移動」

 

 

となり、私は引き続きベンダー事業部にてガシャポン商品の開発担当として皆様に情報をお届けできることになりました。ココ「ASAKUSA」から情報を発信してまいりたいと思いますので、改めてよろしく願いいたします。

 

 

 

一昨年まで慣れ親しんだ駒形本社とはいえ、TSEから戻ってくるとまた新鮮ですね。

 

 

 

さて、浅草でのブログ第1弾は私の担当する新フィギュアシリーズのご紹介となります。

 


 

新シリーズ名はChara Portraits

単体で飾るのではなく、複数並べて飾ることでより世界観を演出するシリーズです。

 

なので、単品販売ではなくセット販売の形態をとらせていただいております。

スタートとして「Re:ゼロから始める異世界生活」「この素晴らしい世界に祝福を」の2作品を同時リリース!

 

 

今回は、「エミリア」「レム」「ラム」をセットにした「Chara Portraits Re:ゼロから始める異世界生活」をご紹介いたします。

 

アニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」ものすごく面白かったですよね・・・。毎週楽しみに視聴しておりました。スバルの行動にやきもきしてみたり、死に戻りの連続から話が一気にうまく進んだ時のすっきり感であったり、次がとにかく気になる展開が魅力ですよね。

 

これからゲームの発売も控え、ますます盛り上がる人気の作品をセットで商品化!です。

 


 

まずは「エミリア」から。妖精「パック」を肩に乗せ、石垣型の台座に腰かけた姿で立体化しております。服や髪のたなびく、動きのある造型にも注目です。

「パック」をどや顔にするかどうかに悩むという、少しずれたところで悩みつつ、最終的にこの形になりました。

 


続いて、ロズワール邸に仕えるメイド姉妹のお姉さま「ラム」。すこしいたずらっぽい表情で可愛らしくを意識して造型しております。前髪でわかりづらいのですが、実は軽くウィンクをしていたりと「てへ感」を演出するべく原型調整をしております。

 

前髪でウィンクが隠れてしまうだけに、雰囲気を出すのがなかなか難しくもありつつ、髪の毛はクリアパーツで成形されているためよく見るとうっすら透けて見えるところなど細かい部分で気を使った仕上がりになっております。

 


 

 

そして、大人気「レム」。こちらも「ラム」と同じく髪の毛がうっすらと透けたクリア成形で、作品内の雰囲気に近づくように調整をかけております。写真は塗り肌なので少しマットな印象ですが、製品版ではテカりの出ないつや消しのPVC(ゴム素材)を使用し、肌の透き通ったような質感を出せるようにいたします。

 

 

商品サイズに関しては1体が約130㎜と、スケールフィギュアよりはやや小さいですが、その分スペースを取らずに飾ることが可能!

 

 

お値段も6,000円税抜)で昨今のスケールフィギュア1体を買うよりもお求めやすい設定にさせていただいております。

 

 

 

3体並びで飾るもよし、「レム」「ラム」姉妹を並べるもよしのお得なセットですので、是非ご注文頂けますと幸いです。

 

 

 

さらに!

 

購入特典として

 

「オリジナル描きおろしB5クリアファイル」をプレゼント!

 

 


 

 

フィギュア原型を元に描きおろされた、この商品のためだけのイラストになります。

※商品に同梱でお届けいたします。

 

 

イラストだけを拡大するとこんな感じです。

 


 

 

商品の撮り下ろし写真とともに電撃ホビーWEB様にて撮り下ろしレビュー記事を書いていただいておりますので、コチラもご覧ください。

URLはコチラ:http://hobby.dengeki.com/news/351813/

 

 

 

Chara Portraits Re:ゼロから始める異世界生活」はプレミアムバンダイ限定商品となっております。

購入について詳しくはプレミアムバンダイ商品ページにて御確認ください。

※準備数に達し次第受注終了となります。

 



URL:http://p-bandai.jp/item/item-1000113589/

 

受注期間は短めの予定なので、ご予約はお早めに!

 

 

 

 

次回は「この素晴らしい世界に祝福を!」のフィギュア紹介をさせていただく予定です。

 

 

 

そちらもお楽しみに!

 

 

© 長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

投稿日:2017.3.17
▲TOPに戻る

【最終回】押上NEWS!浅草本社へ大移動! 希望の未来へレディ・ゴーッ!!

こんにちは開発担当のK澤です。

 

みなさん、いよいよお別れです。

 

・・・ってこの流れ、前回やらないといけないやつですね。次回予告的な意味で。

 

『機動武闘伝Gガンダム』すごく好きでした。

 

まだ小学校低学年くらいだったと思うのですが、7つのオーブを集める冒険活劇が大好きだった私には結構ど真ん中ストライクな作品でした。当時はゴッドガンダムよりシャイニングガンダムが好きだった記憶があります。スーパーモードになるのが、主人公が西洋人っぽく変化するのと近しい感覚だったのだと思います。

 

小学校に上がる前に好きだった『SDガンダム外伝 ジークジオン編』と合わせ、個人的に印象に残っているガンダム作品ですね。

コレ結構大事なワードです。

 

雑談を交えつつ、押上NEWSは最終回となります。

 

 

 

では、ここから商品のご紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介するのは

 

 


 

「ガシャポン戦士f03」より「武者斎胡頑駄無」です。

他の機体よりもずっしりとした印象になるように少し骨太にしつつ、全体のボリューム自体も一回り大きくしております。

 

武器は印象的な「金棒」を付属。

 

商品化機会の少ない子なので、彩色はかなり贅沢に。武者シリーズは金色が映えますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・・やっぱり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

「洗脳マスク」これがあるかないかは大事ですよね!

 

もちろんセット内容に入れております!差替えで再現可能なので、通常マスクと洗脳マスク2種アソートとかではなく1粒で2度おいしい商品仕様になっております。

 

 

そして、さらなる隠し要素があるかも!?

 

 

 

ここまで来ると7人衆が揃うのではないかと期待が高まりますね。

 

 

 

 

 

皆様の声があればきっと・・・!

 

 

 

 

 

 

今回ご紹介できる通常商品情報はここまでです。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・が、最終回にスペシャルな新情報が無いなんてガッカリもいいところですよね!

 

 

 

 

 

ということで、超極秘な新情報を初公開!

 

 

ガシャポン戦士フォルテ最新原型です

 

 

 

 

 


 

 

 

残念ながら、今回もバンダイの技術を総結集した完璧なカムフラージュによってどの機体かの判別まではできないと思うのですが、どうやらガンダムタイプの機体のようですね。

 

 

 

 

サイコーな仕上がりになるように現在全力調整中です。

 

 

 

 

ますます世界観を広げていく「ガシャポン戦士フォルテ」今後の展開をお楽しみに!

 

 

 

 

 

さて、これで押上からお送りする「押上NEWS」は最後になります。

タイトルにある通り、浅草にある駒形本社に戻ることとなりました。

 

 

押上から情報発信を続けたいという気持ちもあるのですが、本社という新しいステージ(1年ぶりなので出戻りな感じがありますが)で新しいスタートを切りたいと思います。

 

 

 

キャンディブログを書き始めたのが一昨年の12月で、異動で最終回を迎えたのが4月。

押上ブログを書き始めたのが11月で、最終回を迎えたのが3月。

 

 

ほぼほぼ同じスパンでしたね。

 

 

短い間ではございましたが、押上NEWSを読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回「Re:ゼロから始める浅草生活」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・次回?

 

 

 

©創通・サンライズ

投稿日:2017.3.14
▲TOPに戻る

フルアクションフィギュアSAGA 目つきの話

ガシャポンブログをご覧いただいている皆様、こんにちは。フルアクションフィギュアSAGA企画開発担当のT久島です。

フルアクションフィギュアSAGA、大好評発売中でございます!ここのところ毎日御礼を言っている気がしますが、本当にありがとうございます!

皆様のお手元に届くにつれ、ネット等で様々な評価が見られるようになってきました。発信して下さった皆様、ありがとうございます。より良いシリーズにするために厳しいご意見も大変ありがたく拝見しております。これからもどんどんご意見を発信していただけますと幸いです。

 

今回はフィギュアの目線のお話です。

ギラリ。



SAGAの可動が劇中作品のポーズを研究するところからスタートしているということを以前書きましたが、作品を見ているとパンチ一発でも視聴者への見せ方を意識して作られているのが良くわかります。ビシっと決まったヒーローのアクションはとてもかっこいいものですが、それをフィギュアで再現するポイントが「攻撃の方向」「目線」です。

ヒーローが敵を攻撃するときには当然相手がいるわけですが、攻撃のポーズをとらせるときに敵の位置を想定してそこを睨むように目線を合わせると、ポーズが非常に自然でビシっと決まるようになります。

 

パンチポーズ。悪くはないですが、攻撃の方向(正面)と目線の向き(右方向)が合っていません。



 

目線を正面に向けて攻撃の方向と合わせたらビシリと決まります。



SAGAは首のボールジョイントと、胸・腹にかけての可動で上体自体を傾けることができるので、どんな角度も思いのまま。

首のボールジョイントは胴体の可動域に負けないよう可能な限り広く動くように調整しました。


 


 


 

応用編で、敵の位置を決めてこれから今そこに「攻撃しようとしている途中のポーズ」も躍動感があっていい感じです。


 

 

お好みのままポーズを決めて下さい。

 

 

 

さて、目線を意識すると立ち方にもひと工夫できます。

 

実演してくれるのは、ポーズご紹介コーナー3回目にしてやっと登場したこの人。

 

「ウォイ!待たせすぎだろ主役を!!」



 

 

 

18歳までゲームばっかりやってたのにそこからの勉強で医学部に合格した勝ち組。きっとわかりやすく実演してくれるでしょう。

 

少し横からですが、普通に立ってるとこんな感じ。


 

 

ここから上体と顔を少し傾けてやると・・・


 

ややふんぞり返ってふてぶてしい、言い方はアレですがガンをつけるようなイメージになりました。

図解する程ではないですが、動かしたのはここ。


 

 

 

 

真面目な永夢君と


 

 

ややお行儀の悪いM君という感じですね。


 

フィギュアは顔が変わるわけではありませんが、動きで微妙な感情の機微を表すこともできます。

SAGAは全身の関節で微妙なニュアンスを出せるようになっていますので是非いろいろ試してみてください!

 

 

 

Mと永夢といえば、SAGA1弾の改造でダブルアクションゲーマーの製作をされている方が早くもいらっしゃるようです・・・。

商品の企画担当としては改造を推奨することはできませんが、「無いものは造る」というクリエイター魂には頭が下がる思いです・・・。

「いきます!」 「覚悟しな。ノーコンティニューでクリアしてやるぜ!」



ダブルアクションゲーマーよろしく永夢君とM君の二人の人格が別々に並ぶとこんな感じでしょうか?

 

投稿日:2017.3.14
▲TOPに戻る

フルアクションフィギュアSAGA 股の話

ガシャポンブログをご覧いただいている皆様、こんにちは。フルアクションフィギュアSAGA企画開発担当のT久島です。

SAGA、ガシャポン自販機に順次展開されておりますが、既に売切れの状況も聞こえてきており・・・。売場に行って売切れだった皆様には大変申し訳なく思っております・・・。
ガシャポン売場に行って売切れだった、そもそも面が無かった、という場合でもこれから投入される可能性はありますので、どうか引き続き宜しくお願い致します。

今回は開発担当として一番こだわった関節である股関節のご紹介です。

 


 

アクションフィギュア、特に低価格フィギュアになればなるほど股関節は腰から出たボールジョイントで太腿を一点で繋ぐのが一般的です。

このボールジョイント、全方向に動かすことができますし、接続部のパーツ数も少なくて済むという非常に優秀な機構なのですが、どうしても腰と太腿の間にガッツリ隙間ができるという宿命があります。

 

個人的にこの「ハイ、足を動かすためのクリアランスでございます。」と言わんばかりに真っ正面から目に入るこの隙間がどうしても気になっていまして。「どうにかならないもんかなぁ。」と常々思っていました。そんな思いから、今回アクションフィギュアを作るとなったときに「ここだけは妥協せずに作ろう!!」と最初から心に決め、採用した関節がこちらになります。

 


おおまかに言って、アクションフィギュアの股関節は足を前後に振る動きと、横に開く動きを担っています。

ボールジョイントはその2つの動きを一本のピンでやっている訳なのですが、本来別の筋肉を使って行っているこの2つの動作を1本の軸でやっているがゆえにどうしても隙間が必要になってしまうのです。それに対してSAGAの股関節は・・・



この通り、足を振り上げようが真横に開脚しようが隙間ができない構造になっています。これは先程の2つの動きを完全に別軸でやっているからです。もちろん、そのためのパーツの数は増えてコストもかさむのですが、「これができないのならアクションフィギュア作るのやめます!!」という強い意志(意地ともいう)の下、採用を断行しました。結果、隙間が無くなるだけでなく非常に自然なシルエットでポーズをとらせることが可能になりました。やってよかったマジで・・・。

 

オレこの関節で良かったー!



お手にとっていただきましたら、是非ガシガシ動かしていただいてこの関節の出来をお楽しみいただけたら幸いです!

 

さて、前回のブログで行ったポージングのご紹介が一部でご好評いただきました。が、一方で「お前、普段可動フィギュアあんまり触ったこと無い人に向けてやるって言っといて急に『では第一回目はヒットマンスタイルです』ってなんだよ。誰も知らねえよ。見てる人もビックリするだろ。」というごもっともなご意見もありまして、今回はさらに基本的な「立ちポーズ」それも「S字立ち」をSAGAでやる場合をご紹介します。

 

やってもらうのはこの人。

「・・・急に呼ばれました。」



 

2000もの特技があるという彼ですから、その中には当然S字立ちもあるはずです。それくらい細かいの拾っていかないと2000は多分無理です。ラムネの早飲みとかそういうレベルのもあるでしょう。

 


 

 

ハイ、S字立ちです。角度的には超定番ですね。S字立ちについてはWEB等でいろんなフィギュアを使ったポージング講座がたくさん紹介されていますが、ここではSAGAなりの作り方をご紹介します。

S字立ちといえば横から見たときに頭から足までがSの曲線を描くということは有名ですが、SAGAで見るとこんな感じ。


まず下半身から。足を肩幅に開き、お尻のパーツと太腿のパーツが干渉する限界まで足を後ろに振ります。


太腿から下はまっすぐにして若干だけ外に向け、足首から先はさらにそれより少し外に向けます。


続いて胸と腹の接続を前に出して、腹パーツは上より下の方を前に出すつもりで傾けます。


腹の角度に対して、胸はやや起きている状態にし、腕の付け根を後ろにズラします。そうすると腕より胸が前に出て胸をはった状態になります。


 

拳を気持ち内側に回します。


 

顎をグッと引いて、完成!!


 

直立で飾っておく時も、棒立ちでなくS字立ちにしてあげるだけでグッとかっこよくなりますのでお試しいただければ幸いです。

 

オマケ。

この動きを肘や膝を曲げてもっとオーバーにするとこんなポーズになります。


バトル漫画とかでよく「フンッ!!」ってやってるアレですね。自分の周りに衝撃波が発生して、吹き飛ばされる敵が目に見えるようです。

投稿日:2017.3.10
▲TOPに戻る

押上NEWS!あと一回・・・・!

こんにちは。開発担当のK澤です。

このブログもだんだんいろいろなキャラクターの記事が増えてきてにぎやかになってきましたね。

 

そんな中、押上からガンダムの情報をお送りする私のコーナーはいよいよ最終回まで残すところあと一回となりました。

 

 

あと一回!これで金も地位も思うがまま・・・・!!

 

 

・・・には残念ながら全然ならないのですが、何はともあれ次回が最終回です。

 

 

この時期は人事異動の時期ですからね。環境が変わるのは仕方がないのです。

 


 

さて、それはそれとて、本日は4月発売の「MOBILE SUIT ENSEMBLE02」の最終品が届いたので組み立ててみました。特にカプセルの色と機体に関連性は持たせておりません。どれがどれに入っているかは買ってからのお楽しみです!

 

 

組み上がりは前回簡単にお見せしてしまったので、今回はパーツ構成を見てみましょう。

 


 

 

まずは「ダブルオーガンダム」から。パーツぎっちり!クリアパーツはランナー状態で入れ込んであります。さわやかなグリーンが映えますね。GNソードⅡが2本付くのも嬉しい所!

GNシールドも入れたかった・・・!

 

 


 

続いて「バンシィ」をご紹介。細かく分割されております。黒に金色はやはり映えます。画像だと伝わりづらいですが、つま先のツヤ有の黒がかなりいい感じにアクセントになっております。

 

 

 


 

 

そして、安定のジム。シンプルな構成なだけに、拡張性抜群です。

 


 

「オーライザー」は少しボリュームが少なめに見えますが、フルABS(硬質プラスチック素材)で出来ているため、エッジが立っております。

 

 


 

細かくパーツ分割ができるため、モビルスーツの拡張のための部品と考えると自由度を大きく跳ねあげてくれる予感。これを加工すればGNシールドもつくれそう・・・?

 

 


 

 

「MS武器セット」こちらに関しては今回、ダブルオーとバンシィの拡張に特化した構成になっております。オーライザーに付けることができるGNミサイルもさりげなく封入。

開き手と拡張ジョイントは今回も封入(透明ピン2個映っておりますが1個になります。オーライザーの分が映りこんでしまってました)

 

 

今回は武器セットにも彩色がガッツリ入っています。

 

 


 

 

組み立てるとこんな感じです。今回も嵌合の渋みなどものすごく良い感じに仕上がっております。ストレスフリーで遊ぶことができる良い仕上がりです。

 

 

「MOBILE SUIT ENSEMBLE02」は4月下旬~全国ガシャポン売場に展開スタートです!

 

 

プレミアムバンダイにて販売のクシャトリヤも好評受注中なので、是非こちらもお求めいただければ幸いです。

電撃ホビーWEB様にてクシャトリヤレビュー記事も公開中です

 

ガシャポン「機動戦士ガンダム モビルスーツ アンサンブル」EXシリーズ待望の第2弾!「クシャトリヤ」の詳細を彩色原型で全力チェック!【プレミアムバンダイ限定】

URL:http://hobby.dengeki.com/news/348520/

 

 

今月末は「ガシャポン戦士f02」が発売!

 


 

こちらは最速で3/23~25前後くらいから店頭に並び始めるのではないかと思われます。

 

こちらもお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そういえば

 


 

 

 

 

こんなのが届いたんですよ。

 

 

 

 


 

 

・・・うん、ちょうどいい感じ?

 

 

 

 


 

 

あ~、でもこの足サイズにジャストフィットする感じ・・・・アンサンブル用に設計されてる気もしますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

どっちのなんでしょうね?

 

 

 

 

 

 

そして、最終回直前!なので特別初公開の写真も1枚!

 

 

 

 


 

 

 

「ガシャポン戦士f03」にラインナップされる・・・「ガンダムMk-II」!

 

 

 

武器がたくさんついている?

 

 

 

 

やってやれ!の気持ちでバルカンポッドにライフルにバズーカの大サービスでお届けです!

再現したいシチュエーションに合わせて武装を付け替えていただけますと幸いです。

 

 

そして、今回は少し脚を特徴的に造型しております。2弾にガルバルディがいる意味を込めて・・・。

 

 

 

キックがはかどりますね!

 

 


 

 

もちろん「スーパーガンダム」だって再現します!大ボリューム!

 

 

 

 

 

これは・・・やってしまいましたな・・・!

 

 

 

 

ふふ、ちょっとテンションが上がってしまって1枚と言いつつ2枚も情報を出してしまいました。

 

 

 

そして、出し過ぎて次回の公開情報が無くなってしまいました・・・・!

 

 

 

次回は次回の風が吹く!

と、いうことで次回は次回更新時の最新情報をお届けしたいと思います。

 

 

お楽しみに!

 

 

©創通・サンライズ

投稿日:2017.3.8
▲TOPに戻る