ガシャポンブログ

ガシャポンワールド

最新の記事

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

カテゴリー

押上NEWS!MOBILE SUIT ENSEMBLE新着情報

こんにちは開発担当のK澤です。

ブログをスタートした時は「月に1~2回更新目指して頑張ろう。」と思っていたのですが、意外と続きますね。スカイツリーという最大の電波塔がオフィスのすぐ横にあるから情報発信したくなってしまうのですかね。

 

現在工場のある中国は旧正月に入りお休み期間なので、今までの仕事の整理と次の仕事の仕込みを行っております。少しだけ時間に余裕があるような状況なので、ブログを手厚くしようかと思います。

 

さて、本日は1月下旬に公開するとお伝えしておりました「MOBILE SUIT ENSEMBLE EX02」の情報をお届けしたいと思います。といいつつ、既に今月発売のホビージャパンさんで公開されているのですが・・・。

 

 

 

そう、EX02弾はクシャトリヤを展開いたします!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

dsc_1557
 

 

 

 

 

ババーン!!!!

 

 

 

 

 

・・・と、間違えました。これは私が試作の出力品でジオン驚異のメカニズムを楽しんでいた時の写真でした。

 

羽を2枚だけにして高機動な感じにするとカッコいいんですよ。

 

 

 

 

実際は・・・・こちら!

 

 

0105_008
 

大ボリュームの4枚羽。ドシッとした胴体・・・・クシャトリヤです。

 

こちらは2月に受注開始予定です。

 

 

 

現在彩色進行中!

 

 

 

続報は追ってお届けいたします。

 

 

 

 

これだけだとちょっと物足りない・・・そんな気・・・しますよね。

 

 

ということで「MOBILE SUIT ENSEMBLE04」のラインナップ案を少しだけ公開!

まだ仮の案なので全然決定でもなく、こうしようかな~というものなのですが、私としてはこのラインナップ+武器セットで行こうと考えております。

※画像は例によって反転していたり回転していたりします。

 

 

%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b31
 

01番の機体とサポートメカがあーしてこーしてして、02番の機体が大きなアレとあーなって、03番の機体にフィーチャーした武器セットが封入される・・・。

 

03番がきっとアンサンブルのテーマに合っていて皆様に喜んでいただける機体だと思うのですが、02番は「マッテマシタ!」となってくれるんじゃないかと思いつつ、01番は「やっぱコレくるよね!」となるんじゃないかなと考えております。

 

サポートメカは「あ、コレ通常弾でできるようにしたんだ?」となってくれると嬉しいですね。

 

続報はずっと先になる気がしますが、ガシャポン戦士同様にシリーズとして継続を目指していろいろ仕込みをはじめております。

 

こちらもお楽しみに!

 

 

©創通・サンライズ

投稿日:2017.1.27
▲TOPに戻る

ガシャポン戦士f01発売スタート!

こんにちは。開発担当のK澤です。

いよいよガシャポン戦士f01が発売スタートいたしました。

 

仕上がり具合の確認にHi-νガンダムの量産品を軽く見てみましょう。いつも通りのカメラと、さくっとした撮影なので画質は期待なさらず・・・なんとなく雰囲気が伝われば幸いです。

 

これは、完璧な写真を載せないことによって「実物を手に取って見てみたいな」と思わせる高度なプロモーションテクニックなのです。

 

本当かどうかは皆様の判断にゆだねます。

 

 

%e5%9b%b31
 

コレクションな感じの角度。PVC素材なのでアップにするとどうしてもゴムっぽさが少し出てしまいますが、肉眼で実物を見る分にはあまり気にならない仕上がりとなっております。

 

 

%e5%9b%b32
 

横から。

 

フィンファンネルはシルエット感が出るように、大型サイズで造型されています。従来のカプセルに入れようとするとフィンファンネルはきっとこの1/3くらいのサイズになったかと思います。実際その小ささでは1/3も伝わらないかと思い、大玉カプセルを採用いたしました。

 

%e5%9b%b34
 

ポージングその1。

DASHより肩周りの可動域は狭くなっておりますが最低限の上下・前後の可動は可能。手首が回転するため表情付けという意味ではDASHよりもはるかに自由度が高くなっております。

 

%e5%9b%b36
 

ポージングその2。

ファンネルを放つようなイメージで。平手への差し替えが可能になったことで、ポージングの幅は桁違いに。ちょっとしたニュアンス付もできるように。

 

%e5%9b%b37
 

ポージングその3。

首もボールジョイントになっており一定の角度付が可能になっているため、上に向かっての砲撃をイメージしたようなポージングもできます。

 

 

%e5%9b%b38
 

ポージングその4。

武器が2種類あると楽しいですよね。クリアのサーベルを入れる入れないは調整が最後の最後まで難航し、それでもと言い続けた結果入れ込むことができました。PVCクリアの金型が無いため、基本の金型の中に彫り込んだうえでクリア素材に打ちかえるという、非常に手間のかかる工程を経てクリア素材の武器を実現しております。

 

そのため、初期のガシャポン戦士fの案内では一切クリアの武器が出てきてないのです。

 

サーベルがあるかないかだけでも満足度は大分違うと思うのですが、サーベルがクリアかクリアでないか?でも満足度は全然違うのではないかなと思います。

 

 

%e5%9b%b39
 

ポージングその5。

クリアと言えば、カメラアイのクリア化は大きな特徴です。・・・が、こちらもクリアABSの金型が存在しないため、サーベル同様に特殊な作り方を採用しております。コストをかけた分だけの満足度はあると思います。

 

 

%e5%9b%b310
 

 

ポージングその6。

最後は武器の両手もちで。

 

昨年、私のキャンディ事業部からの異動が決まったときに「コンバージとガシャポン戦士を交換です☆」と告げられ、コンバージを渡しガシャポン戦士を担当するという愉快なことになったのですが、自分なりにどうしたらガシャポン戦士がもっと満足してもらえるものになるのか?何があると嬉しいか?を考えました。

 

その中の一つ「なぜ両手に穴開いてるのに武器は1個しかないのだろう?」という疑問へのアンサーが武器の2個付けです。

 

もちろん毎回できるわけではありませんし、全部の機体に武器を2個付けたりというのは現実的ではないので一部機体に限られますが、ダブったときに武器ごとに飾ることもでき、フル装備で楽しむこともできる2個付けというのはガシャポンをたくさん回す楽しさにつながるのではないかなと。

 

是非武器を最大限に利用して遊んでいただけますと幸いです。

 

そして、こうして遊んでみると「DASHベースのような台座が欲しいよね」とか、「バズーカとかハイパー・メガ・ランチャーはいつかどこかで再販売したりリメイクするときまでお蔵入りにするしかないのか?」という気持もわいてくるので、もしかしたらアンサンブルのように武器&台座セットみたいなのが1セットあって、それさえあれば各ラインナップを拡張して遊べる・・・なんていうのも有りではないかと思うのですが・・・いかがでしょう?

 

 

これは将来アンケートとかを取ってみて、要望があれば実装を検討したいですね。

 

 

 

コストは・・・もうこれ以上掛けられないので皆様にたくさん買ってもらうしかないですね!

 

 

 

売れた分は仕様に転嫁する。売れれば仕様が上がり、コストが上がり、利益が下がって私が怒られる。

 

 

 

まだまだ成長の余地を多く残す「ガシャポン戦士f」これからの進化もお楽しみに!

 

 

 

©創通・サンライズ

投稿日:2017.1.24
▲TOPに戻る

ガシャポン戦士f01発売開始間近!

こんにちは。開発担当のK澤です。

本日は、いよいよカプセル版が発売開始間近の「ガシャポン戦士f01」のボックス販売バージョンの検査品が届いたので、少しご紹介をしたいと思います。

 

 

%e5%9b%b31
 

内箱(ボール箱)はこんな感じです。シンプル!

 

 

%e5%9b%b32
 

その中にある個箱はこんな感じです。ガシャポンの特性と、あくまでガシャポン売場が身近に無い方でも手に入れられるように開発された商品のため中身は選ぶことができません。

 

『何が出てくるかわからない』のもガシャポンの醍醐味ですね。

 

 

 

 

では、ひとつ開けてみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

%e5%9b%b34
 

『ガンダム・バルバトスルプス』でした。鉄血のオルフェンズ、毎週目が離せないですね。

 

 

 

組み立てた完成の姿は是非皆様の目で確かめていただきたいので今回はご紹介を割愛いたします。

(・・・前回思いっきり写真載せてましたが)

 

 

 

代わりに「ガシャポン戦士f」の『言われないとわからないけど、実は気を使っている仕様』を一つご紹介します。

 

%e5%9b%b35
 

 

肘のジョイントの写真赤丸の部分が実は従来のDASHとは変わっております。

 

 

%e5%9b%b38
 

 

従来のDASHはこのような形で嵌合部分が凹になっていたのですが、フォルテでは凸になっております。

 

これによって抜けづらい仕様は継続しつつ、受け側(腕側)の成形に無理がでないようにしております。どうしても成形条件や個体によって渋みの差が出てしまったりはするのですが、なるべく成形条件の影響を受けやすいゴム素材であるPVC側(腕側)に影響を与えずに量産品を安定させようという意図の仕様変更です。(多分、きっと、おそらく・・・良い方向に効果が出ています・・・であるはず。)

 

%e5%9b%b36
 

こちらはバルバトスの拳ですが、拳に関しても同様に抜けづらくするための凸が出ています。更に、塗料が乗ってしまって嵌められないということが極力起こらないように嵌合部分塗装は避けております。

こちらは手首別パーツを実装しているDASHプレミアの「サイコ・ザク」にはなかった仕様で、今回よりの新仕様となっております。

 

 

可動フィギュアである以上、どれだけストレスなく遊ぶことができるか?は追い続けなければいけない永遠のテーマなので、こういった工夫や細かい部分には常に気を使いつつより良い商品を目指していきたいと考えております。

 

 

今回は手短でしたが、ガシャポン戦士f01の商品仕様のご紹介でした。

ガシャポン戦士f01(カプセル版)は1/23(月)頃に並ぶと思います。

 

 

・・・・とお伝えしたのですが、最新の入荷状況を確認したところ

正しくは24(火)くらいから店頭に並び始める可能性が高いとのことです。

※売場によって展開時期は異なりますので、ご了承いただきますようお願いいたします。

 

 

 

そして、ガシャポン戦士周りで告知を2つ!

 

 

20170120_penelope_600x341

<プレミアムバンダイ>

■ガシャポン戦士f EX01 ペーネロペー 受注スタートしました。

詳細はコチラ(http://p-bandai.jp/item/item-1000112071/

 

通常2弾・3弾と合わせることで『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』の世界観を再現することができますので、通常弾とともに是非手に入れていただきたい一品です。ペーネロペーと合わせて遊んでいただけるよう、通常3弾に収録される「クスィーガンダム」は、ちょっと頑張った贅沢仕様で調整中です。

 

 

 

そして・・・!

 

 

goods-00136443
 

<WEB販売>

■ガシャポン戦士f02 箱売り版 受注スタート!

ガシャポン戦士f02も箱売り版展開いたします。

 

準備数は多くないので、ガシャポン売場が近くに無い、最近ガシャポン買いに行く暇がない・・・・でもガシャポン戦士は欲しい・・・!そんな方がいらっしゃいましたら是非ご予約いただけますと幸いです。

 

コチラはAmazon様、あみあみ様他、ネット通販サイトで受注しております。

※準備数に達し次第受注終了となります。

 

 

ますます展開を強める「ガシャポン戦士f」宜しくお願いいたします!

 

 

 

やっぱりブログと言えば!ココだけの話をひとつ。

 

この間ガシャポン戦士f第4弾のスケッチを発注したのですが、第4弾は「あるテーマ」に乗っ取ったラインナップ組みになっております。1~3弾の流れを汲まない、番外編と言っても過言ではない弾になるかもしれません。ちょっと攻めすぎかな・・・とも思いつつ、たまにはこういうのも有りではないだろうか・・・?という感じです。

※ラインナップは最終決定ではないので、まるっと変わる可能性がございます。あくまで「現時点での構想」になります。

 

 

第4弾はなんと、メインがガンダムじゃない・・・・かもしれない!

 

 

かといって「ダブっても嬉しい!量産機祭♪」というわけでもない・・・

(これはいつかやってみたくもありつつ)

 

 

ラインナップを仮組みしていたら、最初「ガンダム顔が1体もいない」というまさかの展開となり、改めて考え直した結果・・・・・・

 

 

 

どうなる?第4弾!?

 

 

 

そんなこんなで第4弾も企画進行中です!お楽しみに!

 

 

©創通・サンライズ

投稿日:2017.1.20
▲TOPに戻る

ダブルオーで確認!モビルスーツアンサンブル第2弾!

こんにちは。開発担当のK澤です。

 

最初に告知を一件!

ワンダースクールにて「モビルスーツアンサンブルカスタマイズコンテスト」開催中!

(詳細はコチラ:http://thewonder.it/fes/49/description/

 

%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88

 

モビルスーツアンサンブルを使った様々な作品を大募集しております。

優秀作品には「EX01 フルアーマーユニコーン」をプレゼント!

 

主催が私の所属するガシャポンの事業部(ベンダー事業部)ではないため、審査などに私は関わっていないのですが、皆様の作品は全てみさせていただいております。

スタンダードなカスタマイズから、異形なカスタマイズ、「こんな発想なかった!」というようなバリエーション溢れる作品ばかりで、非常に楽しくチェックしております。

 

コンテスト終了後にアンサンブルのポータルページにいくつか掲載させてもらえるか相談したいと思います。

こういった皆様の作品を見られる場所は公式としてもできるだけ用意したいですね。

 

カスタマイズコンテスト、是非ご参加ください。

 

商品に関して、品切れしている店舗も多いようですが、全国イオンやヨーカドーといった大手GMS(スーパー)のガシャポン売場などではまだ手に入れることができるようです。

 

 

 

さて、ここから商品のご紹介なのですが

モビルスーツアンサンブル第2弾のテストショットがいよいよ大詰めに差し掛かってまいりました。

現在T-4と呼ばれる段階です。

 

立体商品は原型を基に金型を作成するのですが、金型が出来あがったばかりの状態ではまだ商品化に耐える仕上がりになりません。嵌合部が緩かったり、金型の合わせ目であるパーティングラインが目立ってしまったり、そもそも造型がしっかり追えていなかったりetc・・・

 

そういった部分を段階的にT1、T2、T3・・・・と調整していく作業を現在行っています。

商品として出せるレベルとして担当が許容した段階でT-ENDになります。

 

今回はおそらく次のT-5でENDになる見込みです。現状でも商品として満足いただけるのでは?

というレベルに仕上がりつつあります。

 

では「ダブルオーガンダム」にフォーカスを当てて、仕上がり具合を見てみましょう。

 

%e5%9b%b310
 

「ダブルオーガンダム」のセット内容はこんな感じです。バックパック~GNドライブはプラ素材(ABS)を使用し、武器もABS製のカチッとしたものをご用意しております。

頭部と太ももにははめ込み式でクリアパーツも使用!

 

 

%e5%9b%b311
 

 

組み立てるとこんな感じです。

 

 

 

%e5%9b%b312
 

 

細かい仕様ですが、GNソードⅡは刃の部分が別パーツになっており、回転させることが可能。・・・つまり

 

 

%e5%9b%b313
 

 

ライフルモードとソードモードの再現ができます。

 

 

%e5%9b%b35
 

 

これはオマケのオマケの仕様で、推奨できない仕様なのですが、GNソードⅡは腰にマウントすることもできます

※サイズの関係上、可動を著しく制限するのであくまで「オマケ」の仕様です。

 

 

オマケの仕様にまでコストをかける贅沢さんな「ダブルオーガンダム」

 

ちょっとコストを度外視しているじゃ済まない高仕様なのですが、私のわがままで仕様を上げまくってしまいました。

 

・・・がおかげで満足度の非常に高い仕上がりになりました。500円でこれってやりすぎだよね・・・・と反省しつつ、でもやめない!ヤメラレナイ!

 

私が4月から姿を消したら「ああ、やりすぎたんだなアイツ」と御察し下さい(笑)

 

 

 

 

さて、話を戻して商品を見ていきましょう。「ダブルオーガンダム」をフルで楽しむための「オーライザー」と「武器セット」は↓のような感じです。

 

%e5%9b%b314
 

「オーライザー」は一見、サイズとしてはボリュームが無いように見えますが、フルABS製のカチッとした仕上がりの豪華仕様となっております。ワンポイントでコックピット部分にクリアパーツを使用しているので、色が付くとぐぐっと引き締まった印象になるはず!1弾の「Gファイター」同様にジョイントパーツをおまけで付属。両翼の左右についたパーツまで可動という、地味に妥協の無い一品となっております。

 

 

%e5%9b%b315
 

「MS武器セット」握り手や開き手、汎用性をぐっとあげるジョイントは継続して封入。GNソードⅢと「バンシィ・ノルン」換装用のアームドアーマー、「オーライザー」に装備させることができる「GNミサイル」など、ラインナップされたモビルスーツをより強化するための大型武装を入れ込みました

 

 

 

ジム「・・・・」

 

 

 

 

ということで、さっそく「オーライザー」と「武器セット」を組みあわせてみましょう。

 

 

%e5%9b%b31
 

 

 

大ボリューム!

 

 

 

%e5%9b%b32
 

イケメン!

 

 

%e5%9b%b34
 

背面も情報量が多く、物凄い密度感に。

 

 

前後が確認できたところで、少しポーズを取らせてみましょう。

 

 

%e5%9b%b37
 

 

本体の可動か所は1弾と変わらずですが、GNドライブの接続部も可動式なので合体後のポージングも映えます。

 

 

%e5%9b%b38
 

 

トランザムライザーの構えも難なく再現可能です。

 

 

%e5%9b%b39
 

 

DASHベースを少し改造してスマートな浮遊ポーズ。スタイルが良いのでシルエット感が出ますね。

 

以上、モビルスーツアンサンブル2弾「ダブルオーガンダム」を中心に進行状況のご紹介でした。

ポージングもある程度ストレスなくとることができる、良い感じの仕上がりになってきています。

 

 

 

 

 

 

 

img04
 

 

 

 

さいきょうのジムもつくれる「機動戦士ガンダム MOBILE SUIT ENSEMBLE02」は4月下旬発売予定です

 

 

お楽しみに!

 

 

©創通・サンライズ

投稿日:2017.1.16
▲TOPに戻る

ガシャポン戦士フォルテを組み立ててみる

こんにちは。開発担当のK澤です。

 

本日は、「ガシャポン戦士フォルテ」の最終品が届いたので簡単にご紹介したいと思います。

いつものデジカメで・・・。

 

img_0032
 

ガシャポン戦士フォルテ1弾は透明なカプセルに入っております。

 

大玉の存在感がすごい!カラフルなので中身は良く見ると判別可能です。

 

 

では、さっそくカプセルをオープン!!

 

 

img_0048
 

 

ガシャポン戦士は飛び出し防止のために、淵がテープ止めされています。

 

カッターで縦に切れ込みを入れるとスムーズにはがすことができます。

※カッターの取り扱いには十分にご注意ください。

 

 

img_0033
 

中身はこんな感じです。まずは絶賛放送中の「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」より、「ガンダム・バルバトスルプス

300円でこのパーツ点数・・・。充実のボリュームですね。

 

画像をご覧になって気づかれたと思いますが、DASH08で一部採用していたパーツのランナー化を正式に採用しております。

これは、このサイズの商品だとなかなか避けるのが難しい「パーツの入れ間違い」や「欠品」を防止して、より確実にお客様に商品をお届けするための施策となっております。

 

 

img_0034
 

 

すこしカメラが暗いですが、完成!大体3~4分くらいでしょうか。バルバトスルプスは強弱のはっきりしたシルエットなのでデフォルメ映えしますね。

 

 

 

img_0035
 

 

続いて、大玉に入っている「Hi-νガンダム」を組み立てていきます。

 

このパーツ点数は・・・・。

 

 

 

バルバトスのパーツボリュームで凄いとか言っている場合じゃなかった!

ヘタするとアンサンブルよりボリュームあるのでは・・・・

 

 

・・・つくっておいて白々しいですね。

 

 

 

と、言う間に完成!

 

img_0036
 

 

 

ギュッと凝縮された感じがSDらしさを演出しているHi-νガンダム。

 

 

 

img_0037
 

 

・・・うん

 

 

 

img_0038
 

 

イケメン!

 

 

 

続いてこちらも大玉の「バンシィ・ノルン

 

 

img_0039
 

 

大玉に入れることでアームドアーマーのボリュームを再現できました。やっぱり武器は大きいのが良いですね。

 

 

img_0040
 

 

 

ぱちぱちと組み立てて・・・・完成!

ここにきて、明るい所&良いカメラ使って撮影すればよかったかも・・・と思いつつも、次々と組み立てていきます。

 

 

 

img_0042
 

 

次は「ギラ・ドーガ(レズン機)」です。ダブればシュツルムファウストを背中にマウントしてフル装備も・・・・!

 

 

 

 

・・・・・・・あ!!!

 

 

 

 

img_0044
 

 

 

 

・・・・ガシャポン戦士を組み立てているときに、ジョイントを落っことしてしまって見つからない。

 

 

そんな経験・・・ありませんか?

 

 

 

img_0045
 

 

無事ジョイントを発見し、完成!ビームソードが良い感じです。

 

 

 

 

そして「ギラ・ドーガ(一般機)

img_0046
 

 

ガシャポン戦士を連続して組み立てると、ジョイントを押し込む親指の腹が痛くなる。

 

 

 

そんな経験・・・ありませんか?

 

 

 

 

img_0047
 

 

5体目が完成です!ギラ・ドーガは複数欲しいところですね。

 

 

 

 

img_0049
 

 

ラストは「武者頑駄無摩亜屈」実は1番彩色面積が多い機体です。

 

バンシィ・ノルンもそうですが、濃い色に金色は映えますね。

 

 

img_0050
 

 

機体自体はシンプルな造りなのでさくっと完成!

 

 

これで全機体コンプリート!

 

 

全ての機体に台座が付属します。台座が付くことによって、識別用のナンバーは本体に刻印ではなく、台座に刻印になっております。

 

 

 

 

 

img_0051
 

 

 

 

全種ならべると中々壮観!シンプルながらカラフルなので、集めて並べると見栄えします。

これは是非、コンプリートして皆様の目で確認していただきたいです。

 

そのために良いカメラではなく、いつものカメラで撮影なのです!

 

 

 

 

・・・・ごめんなさい。使い勝手が良いからといつものカメラ使いました。

 

 

 

 

ガシャポン戦士f01弾は全国ガシャポン売場にて1月下旬発売!!

※発売タイミングは店舗によって異なります。

 

 

1月23日あたりから並び始める・・・・と思います!

 

 

 

こちら、宜しくお願い致します。

 

 

©創通・サンライズ ©創通・サンライズ・MBS

投稿日:2017.1.11
▲TOPに戻る